太りすぎた犬や猫が抱えるリスクを獣医師に聞いてみた!

少し前の話になるが、ライザップのCMに登場していた太っちょ猫のことを覚えているだろうか。その体形に加え、ふてぶてしい目付きも印象に残る猫だった。その猫が“ライザップで本当に痩せられるのか?”を疑っていたが、猫好きからすると「それよりも君こそそんなに太っていて大丈夫かい?」と心配になってしまったのだが、皆さんはいかがだろうか。太っちょ猫は可愛いと感じる反面、健康面が心配になる。長生きしてほしいからこそ、心配になるのだが、「教えて!goo」にも「子猫なのにもう太り気味」と、2匹飼う仔猫のうち一匹だけが太っているのはなぜなのか、という質問が投稿されており、飼い主さんは太りすぎの猫を心配していた。その質問に対し、ユーザーからは「骨格にもよるようです」(debukuroさん)や「同じ量食べて同じ運動しているのに、筋肉になる子とそうでない子がいます」(sanji01)など、実際に太った猫を飼った経験のある人から回答が寄せられていた。

そこで今回は太り過ぎた動物がかかえるリスクとその対策法について、かくい動物病院の院長である角井茂さんに話を聞いてみることにした。

■日常生活に支障をきたすことも

まず肥満の犬や猫には、夏場に熱中症のリスクが高まると角井先生は指摘した。

「もともと犬や猫は、人と違い汗をかかないので熱を下げるのが苦手です。暑い季節に脂肪で覆われ、熱を放散できないほどの肥満体であれば、熱中症の危険はさらに高くなります。さらに、体温調節のための過剰呼吸による気道障害も発生するでしょう」(角井先生)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク