専門家に聞いた!「バーテン」という呼び方は、差別用語で放送禁止用語?

専門家に聞いた!「バーテン」という呼び方は、差別用語で放送禁止用語?
専門家に聞いた!「バーテン」という呼び方は、差別用語で放送禁止用語?
以前、「教えて!goo」のコネタで紹介した「『バーテン』って呼び方は実は失礼だった!?」という記事で、「バーテン」という呼び方は「バーテンダー」の略称である上、“BAR(酒場)”と“フーテン”を掛け合わせた造語でもあり、差別的な意味合いを含むため失礼にあたるという内容を紹介した。

だが本当に「バーテン」という呼び方は、専門家から見ても失礼な差別用語であり、ともすると「放送禁止用語」にも該当するだろうか。確認すべく、元アナウンサーであり、マナー&話し方未来研究所所長である飯島永津子さんに話を聞いてみた。

■「バーテン」と呼ばれるようになった時期と経緯

そもそも「バーテンダー」というワードは、いつから使われているのだろう。

「1830年代頃にアメリカで生まれた職業名で、“BAR(酒場)”と“tender(提供する/世話する人)”を掛けあわせた複合語です。一説によると、日本で『バーテンダー』という職業が入ってきたのは太平洋戦争後1945年以降のこと。アメリカ文化が勢いよく入ってきたその頃から、日本でも『バーテンダー』という言葉が定着したようですね」(飯島さん)

では、なぜ「バーテン」と呼ばれるようになったのだろうか。

「『バーテン』は、アメリカの『バーテンダー』を語源としつつも意味は異なり、『バー』と『フーテン』を組み合わせた造語です。『フーテン』とは、『フーテンの寅さん』の通り定職を持たずフラフラしている人という意味ですが、日本にバーテンダーという職業が入ってきた当時は、多くの知識や技術を問われない職業と認識されていたため『バーテン』と呼ばれるようになり、一種の差別用語に該当するのではないかといわれてきました。現在はバーテンダーの職業的権利を保つため、『N.B.A.検定試験制度』に基づいた資格試験(バーテンダー呼称技能認定試験、インターナショナル・バーテンダー呼称技能認定試験)があり、取得者は確かな知識と技術を持つことが証明されるようになりました」(飯島さん)

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2019年3月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。