子どもは風の子!?冬でも半そで、短パンで強い子どもに育つ?医師に聞いてみた

子どもは風の子!?冬でも半そで、短パンで強い子どもに育つ?医師に聞いてみた
子どもは風の子!?冬でも半そで、短パンで強い子どもに育つ?医師に聞いてみた
世界中が異常気象に見舞われる今冬、東京都心では54年ぶりに11月の初雪を観測した。厳しい寒さの中外遊びをする子どもに、「ジャンパーを着なさい!」と声をかけてしまうお母さんは少なくないだろう。だが、大人より体温が高い子どもは、冬も大人の服装マイナス1枚を目安に……という子育て本や記事を目にすることもある。思い返せばひと昔前は、気温の低い冬場の薄着は皮膚に刺激を与え体を強くするという風潮があり、寒い中半そで、短パンの男の子が元気に走り回っていたものだ。本当に薄着で過ごせば体の強い子どもに育つのか。気になったので長岡内科医院の院長であり医学博士である、鈴木飛鳥さんに話を伺った。

■自律神経の発達が免疫力を高める

いくら子どもは大人より体温が高いとはいえ、厳寒の中薄着をさせたら、体を冷やしてしまうのではないだろうか。

「子どもは体温が高く、大人が思うほど寒さを感じないのは事実です。しかし、“強い子”を、風邪をひかない健康な子どもと仮定すると、強い子が育ちやすい服装には個人差があり、一概に薄着がよいとは言い切れません」(鈴木さん)

では、個人差とはどのように生まれるのだろう。例えば、遺伝や体質、習慣、環境などは関係するのだろうか。

「遺伝や体質などではなく、自律神経の働きが大きく影響します。恒温動物である人間は、自律神経の働きにより体温や脈拍、血流を微調整しながら気温の変化に順応しているので、自律神経が未発達な子どもに過度な薄着をさせると、風邪をひいてしまいます。お子さんの体調や体感温度を確認しながら、少しずつ着衣量を減らしていくのがよいでしょう。薄着になると皮膚が寒さから刺激を受け、自律神経が鍛えられて少しずつ気温の変化に順応できるようになります」(鈴木さん)

あわせて読みたい

気になるキーワード

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2017年1月11日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。