同僚の言動を「セクハラ」と認識できない私って問題ありますか?

同僚の言動を「セクハラ」と認識できない私って問題ありますか?
同僚の言動を「セクハラ」と認識できない私って問題ありますか?
財務省事務次官のセクハラ疑惑が世間を騒がせている。「セクシュアル・ハラスメント」という言葉が知られるようになったのは1989年、国内初となるセクハラの民事裁判が起こり、その年の新語・流行語大賞の新語部門金賞を受賞したことがきっかけだ。この国にセクハラという概念が登場しておよそ30年。比較的歴史が浅いため、今回の財務省の対応に首をかしげる人が多いように、「お偉いさん」である年齢が上の世代ほど認識が甘いのかもしれない。だが、「セクハラと認識できない私って問題ですか?」という質問が「教えて!goo」」にあるように、女性側にも認識に相違があるようなので調べてみた。

■言われた本人がどう感じるかが重要

質問者は、同僚から日々「子供の作り方おしえて!」とか「キミの乳首の色はクチビルから想像できるよ…」といった発言をされているのだとか。「私は男ですがセクハラだと思いますが……」(taka-mattyanさん)という回答があるように、気持ち悪いと感じた人も多いのではないだろうか。

しかし、この質問のポイントは、質問者が「嫌味も感じられず、むしろすがすがしい気分になるので、あまり嫌ではありません」と考えている点。セクハラ問題で優先されるのは、受け手側の気持ちである。

「確かに同僚の言葉自体はセクハラと言われても仕方ない発言かもしれませんが、それを言われた人が不快に思わないならセクハラではありません」(noname#160975さん)...続きを読む

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2018年4月23日のライフスタイル記事
「同僚の言動を「セクハラ」と認識できない私って問題ありますか?」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    自民党議員及びその支持者には、セクハラの被害者叩きをする卑劣漢が多い。詩織さんを猛烈に叩いて普通の生活ができなくなるまで追い込んだのも、もちろん自民党安倍支持者ども。

    1
  • 匿名さん 通報

    どう相手が思うかなんて所詮想像の域をでないのだから職場では仕事の話以外しないほうがいい。

    1
  • 匿名さん 通報

    普通の男は女の人に近づいた時、女の人の自分に対するバリアーの距離を感じます。だからその感覚を保って仕事をします。バリアー内に入る男にはご注意。普通の男がいいのです。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。