親子でやっておきたい防犯対策

親子でやっておきたい防犯対策
親子でやっておきたい防犯対策
夏休みのこの時期、子どもには自由な時間が増え、遊びに出かける機会も増えると思う。日が長いからとうっかり遊びすぎて帰りが遅くなることもあるだろう。だが、新潟の女児殺害という痛ましい事件などもある。防犯対策はしっかり行っておきたいところ。そこで、防犯対策専門のプロ集団であるセキュリティハウスの植村光代さんに、子どもが事件に巻き込まれやすいシチュエーションごとの防犯対策として、親子ですべきことを教えてもらった。

■子どもに声をかけてくるケース

「君は●●ちゃんだね。お母さんが怪我をして病院に運ばれたから、一緒に病院へ行こう」などと巧みに誘われた場合、子どもはどうしたらよいのか。また、親は子どもに対して、事前にどのようなアドバイスすべきなのかを聞いた。

「子どもにとっては『知らない人についていかない』といっても、そもそもどの人が『知らない人』なのか判断できないものです。ですから、『自分の名前を呼ばれてお母さんが怪我をした……』と連れ去られることがあるという事実を、あらかじめ子どもに対しても説明しておく必要があります。もし、親戚でもなければ、絶対についていかないように伝え、自宅や知り合いの家族、親族などに電話をして確認する方法を教えておいてください。その際に、子どもが人間不信にならないように十分に配慮しつつ、『悪いことを考える人もいるので注意しようね』と説明しましょう」(植村さん)

では、車に乗った人から手招きされたり、道を聞かれたりした場合の指導はどうしたらよいだろう。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2018年7月21日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。