元警察官を直撃!刑事ドラマのあのシーン、実際に行われているの?

元警察官を直撃!刑事ドラマのあのシーン、実際に行われているの?
元警察官を直撃!刑事ドラマのあのシーン、実際に行われているの?
ドラマといえば、刑事モノを思い浮かべる人も多いだろう。何を隠そう筆者もそのひとりで、いくつかの名作、名セリフがすぐ頭に浮かんでくる。犯人との銃撃戦はもちろん、取り調べ室での緊迫したやりとりなども印象的だ。「取り調べにはカツ丼」というのも、刑事ドラマの定番シーンのひとつである。ところで、実際、こういった刑事ドラマの「あるある」は、本当に行われているのだろうか。今回、警察官として約10年勤務し、現在は警察に関するブログを展開している元警察官に、その疑問をぶつけてみた。

■取り調べで「カツ丼」は本当に出てくる?

まずは、取り調べ中の食事について聞いた。実際のところ、カツ丼が出されるのか。

「『カツ丼』は絶対にありません。今は、取り調べの際に与えてよいものが厳格に決められおり、指定された緑茶か水だけになります。タバコも提供しません。カツ丼やタバコなど、相手が望むものを提供し、その見返りに刑事が情報を得るということも10年以上前の取り調べではあったようですが」(元警察官)

「取り調べ室でカツ丼」は、10年以上前の話だという。そんな名シーンが、なぜ一昔前の話しになったのか、聞いてみた。

「10年ほど前から、取り調べにおける供述の信用性というものが、問題になっています。取り調べの際に刑事は以前、自白を得るためいろいろな手法を使っていました。つまりアメとムチです。大声で威嚇したり、胸ぐらをつかんだりといった、恐怖で自白させる方法と、カツ丼やタバコを与えたり、携帯電話を貸すなどの、いわゆる便宜供与によってしゃべらせる方法です。そういった方法で得た情報が裁判の段階で、被疑者にひっくり返されることが続きました。『取り調べで認めたのは刑事に脅されたから』、『カツ丼を食わせてもらったから、やってもないのにやったと言った』などの供述が頻出したのです。これが問題となり、取り調べの際に刑事がやってはいけないことが厳格に規定されるようになりました」(元警察官)

あわせて読みたい

気になるキーワード

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2016年6月5日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「SNS」のニュース

次に読みたい関連記事「SNS」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「インスタ映え」のニュース

次に読みたい関連記事「インスタ映え」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら