専門家に聞いた!男性の育休が普及しない理由や、失敗しない育休の取り方

先日、小泉環境相が育休を取得し話題になった。「育児休業」は法律で定められており、要件さえ満たしていれば、男女問わず会社に申し出ることで取得することができるはず。とはいえ、さまざまな理由から、「取らなかった」という男性諸氏は多いようだ。以前「教えて!gooウォッチ」ご紹介した「ママがいい!困っているイクメンに教えたい子育てのコツを専門家に聞いた」によると、実際、育児参加に難しさを感じている男性も少なくないようだ。そこで今回は、株式会社ワーク・ライフバランスの大畑愼護(しんご)さんに、男性の育休が普及しない理由や、失敗しない取り方のコツなどについて話を聞いてみた。

■男性の育休が普及しない理由

男性が育休を取得しない理由には、「会社に制度がない」、「職場が育児休業制度を取得しづらい雰囲気」、「収入を減らしたくない」といった声がありそうだが……。

「法律で定められているにも関わらず、『制度がない』という誤解はいまだに少なくありません。企業側から社員に誤った案内をしているケースも多いです。深刻化する人手不足により、意図的に制度を使わせない職場が増えたり、より一層、取得しづらい雰囲気になることも懸念されます」(大畑さん)

そもそも、世の男性は育休を取得したいと思っているのだろうか。

「入社時点では80%程度の男性が育休取得を希望するというデータがあります。つまり、取得したいのに断念しているケースが多いといえるでしょう。普及のためには、『男女とも法律で育休取得が認められていること』、『給付金が支給され、6カ月までの育休であれば手取り収入にほとんど差が生じないこと』など、基本的なことを広く周知し、思い込みによる誤解を解いていくことが必要です」(大畑さん)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク