魚の粕漬けや切り身をおいしく焼く方法を管理栄養士に聞いてみた

魚の粕漬けや切り身をおいしく焼く方法を管理栄養士に聞いてみた
魚の粕漬けや切り身をおいしく焼く方法を管理栄養士に聞いてみた
皆さんはスーパーの魚コーナーや街の魚屋に出向くことはあるだろうか。生魚と同じように、酒粕をまとった粕漬けも陳列されているのを目にするのでは……しかし、その調理は少しハードルが高いと感じているかもしれない。なぜなら、酒粕が焦げてしまう心配があるからだ。そこで今回は、魚の粕漬け調理のコツはあるのか、切り身魚を焼くコツもあわせて管理栄養士の石垣桃子さんに話を聞いてみた。

■酒粕を焦がさずに調理するコツ

魚の粕漬けの酒粕や、西京漬けの味噌などはそのまま焼くと焦げてしまい、焼き上がりが黒くなったり、焦げ臭くなってしまったりすることがある。どうやったらうま上手く調理できるのだろうか。

「酒粕漬けや西京漬けは焦げやすいですよね。丸1日西京漬けを焼き付ける仕事をしたことがあるので、よくわかります。焦げない方法はいくつかありますが、フライパンでおいしく焼く方法をご紹介します」(石垣さん)

1) フライパン用アルミホイルシートの上に皮目を下にして置く。
2) フタをして弱火~中火でゆっくり加熱する。
3) 水っぽい場合はフタを開けて蒸気を逃がす。裏返す。
4) 仕上げに10秒くらい強火にすると、ほんのりと表面だけがこんがり焼けて食感がよくなります。 5) 盛りつければ完成です。

アルミホイルシートを敷くこと、魚を置く向き、火加減にコツがあることがわかった。ちょっとした工夫で焦げ過ぎを防ぐことができそうだ。

「ちなみに、酒粕や味噌は魚の身にしっかり味がついているのでキッチンペーパーで拭き取ってから焼くとさらに焦げづらくなります。ご紹介した方法では、切り身についている酒粕や味噌を落とさずに買ってきた切り身をそのまま焼いてしまっても大丈夫です。拭き取るのが面倒なときはそのまま焼いて、無駄なく手間も少なくおいしくいただいてしまいましょう」(石垣さん)

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月28日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。