医師に聞いた。お酒を飲むと眠くなる理由

ビールがおいしい季節。特にこの時期、「お酒に飲まれた」という経験を持つ人は多いのではないだろうか。筆者は酔ってハイテンションになった後に必ず眠気が襲ってくるが、「教えて!goo」にも「お酒を飲むと眠くなるのはなぜ?」という質問が投稿されている。そこで、この疑問を医師に聞いてみた。

■お酒を飲むと眠くなるメカニズム

お話を伺ったのは、独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センターの上野文彦先生。

「お酒(エチルアルコール)は、中枢神経(脳幹網様体賦活系)の活動を抑制する働きがあります。実際に睡眠時の脳波を調べると、睡眠の早い時期にノンレム睡眠(深い睡眠)の割合が増え、逆にレム睡眠(浅い睡眠)が減っています。そのため、お酒を飲むと『寝つきが良くなる』感覚、いわゆる催眠作用が起こるということになります」(上野先生)

中枢神経とは、全身にさまざまな指令を送り、身体の中心的な働きを担う場所。この働きが鈍ることで眠くなるのだという。さらにお酒には、別の作用もあるのだという。

「また、抗不安作用、ざっくり言えばリラックスする作用もあるため、深夜に考え事をして眠れなくなってしまうタイプの方にとっては『寝つきが良い』感覚が得られるかもしれません」(上野先生)

確かに、お酒を飲んでいる間はそれまでクヨクヨ悩んでいたことがどうでもよくなる感覚がある。まあ、酔いが醒めた後に再び悩み始めるのだが……。

■お酒を飲むとすぐ眠くなる人は、ある酵素の働きが原因だった!
編集部おすすめ

当時の記事を読む

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク