カラオケに行って失敗しないために覚えておきたい3つのこと

カラオケに行って失敗しないために覚えておきたい3つのこと
カラオケに行って失敗しないために覚えておきたいこと
大きな声で歌を歌うとストレスが発散できる。しかし、自分の歌を他人に聞かせるのに抵抗があるという人は案外多い。それが気を許せる親しい仲間にだったらまだしも、会社の飲み会の2次会や3次会でカラオケに行って上司や後輩に歌を聞かれるとなるとハードルが上がり、逆にそれがストレスになってしまう人もいるのではないだろうか。カラオケで失敗せずに済むように事前に備えておくことはできないものか。そこで教えて!gooウォッチでカラオケで失敗しないテクニックに関する情報を探してみたところ、以下の3つが発見されたので、紹介しよう。

■誰が歌ってもそれなりに聞こえる歌がある

まず最初に覚えておきたいのは、音痴でもそれなりに聞こえる曲があるということ。音楽プロデューサーであり、音楽講師である本山nackeyナオトさんによると、「それなりに聞こえる歌というのは、まず音域が狭い歌などはいいですよね。歌のリズムもスローテンポは難しいです。バラードとかはやめておいた方が無難でしょう。かといって、あまりリズムが速い曲は歌詞がついていけなくなりますのでご注意を」とのことだった(教えて!gooウォッチ「カラオケに行く前にチェック!音痴でもそれなりに聞こえる歌とは?」

男性ならSMAP『世界に一つだけの花』やウルフルズ『ガッツだぜ!!』、女性ならAKB48『ヘビーローテーション』や小泉今日子『学園天国』などがおすすめだという。「自分の雰囲気や声質なども考え、何回も練習して自信を持って歌える歌を2、3曲作ることです」(本山さん)というアドバイス通り、いざという時に無難に歌いこなせる曲を数曲持っておきたい。...続きを読む

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2018年8月11日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。