猫が水を苦手な理由

猫が水を苦手な理由
猫が水を苦手な理由
猫が水嫌いであることは、猫を飼っていない人でも知っているのではないだろうか。雨の日に散歩する猫の姿は見かけないし、体を洗われることを嫌がる猫は多い。なぜ水をそんなに嫌うのだろうか。ペット行動インストラクターの千田純子先生に猫の水嫌いについて伺った。

■猫にとって水は死活問題!

「猫は森林の生活に適応した動物なので、好んで水浴びはしないのです。犬のように水をはじくような毛質でもありません。猫が水を避けるのはそのような進化の過程が関係しています」(千田先生)

猫の毛はほかの動物に比べ脂分が少ない。いったん濡れてしまうと水をはじかない毛質をしているのだ。よって毛を濡らした猫は、一心不乱に毛をなめて乾かそうとする。濡れてしまうと体温を奪われてしまい、生命の危険にさらされることを本能で分かっているからだ。

■水が平気な猫もいるのは、なぜ?

手桶や洗面台にお湯をはって、猫が気持ちよさそうに浸かっている映像を、テレビやネットの映像で目にした人はいないだろうか。こんな可愛らしい姿に、癒される人も多いのでは。

シャンプー時に暴れる猫に困っている飼い主は、そんな様子を不思議に思うのではないだろうか。しつけなどで、猫も水に慣れるのだろうか。さらに千田先生に聞いた。

「動物はそれぞれの環境に適応しやすくなる時期(社会化期)があります。猫は2、3週齢から8、9週齢までが社会化期にあたります。お風呂好きの猫は、その頃からお風呂に少しずつ慣らしていったと考えられます」(千田先生)...続きを読む

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2015年7月12日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。