「観る将」も「撮る将」もあり、多様化する将棋の楽しみ方

「観る将」も「撮る将」もあり、多様化する将棋の楽しみ方
「観る将」も「撮る将」もあり、多様化する将棋の楽しみ方
最近、若いだけでなく強く、その人格からも注目を浴びた藤井聡太七段をはじめ、タイトル獲得通算100期の大記録がかかっている羽生善治竜王など、将棋が世間から注目される機会が増えてきた。ボードゲームの一種として古くから楽しまれてきた将棋だが、独自の楽しみ方をする人も増えているという。そこで今回は、将棋のさまざまな楽しみ方を提案する株式会社いつつ代表取締役社長で、プロの女流棋士でもある中倉彰子さんに、将棋の新たな楽しみ方について紹介してもらった。


■きっかけはネットの進化と女性目線

まず、将棋の楽しみ方が増えてきた背景について、教えてもらった。

「もともと将棋は実際に指しながら楽しむのが主流で、対局を楽しむのとプロの試合を観ることが基本でした。他には新聞や雑誌に棋譜を並べたりする程度でした。今のように対局がリアルタイムに放送されることはなく、密室で対局をしていたのです。よって、棋士が見られるのはNHKの将棋番組くらいで、あとは将棋関係の雑誌や新聞の将棋欄で棋士の人となりを紹介している程度でした」(中倉さん)

クローズな印象のあった将棋界は、インターネットで棋譜中継がはじまったことをきっかけに、徐々にオープンになっていったという。

「はじめは今のような動画配信ではなく、棋譜だけのネット中継とブログの二本立てでした。しばらくすると、棋譜の発信だけではつまらないということで、棋士が注文した食べ物や、おやつなども写真でアップされるようになりました。また、この頃から女性のファンが増えたこともあり、戦法や盤の中の具体的な解説といった楽しみ方以外に、女性目線で盤の上以外にある面白さが開発されたことも、将棋がオープンになった大きな要因です」(中倉さん)...続きを読む

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2018年10月11日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。