9/14公開『プーと大人になった僕』を予習しておこう!

9/14公開『プーと大人になった僕』を予習しておこう!
9/14公開『プーと大人になった僕』を予習しておこう!
『プーと大人になった僕』が、いよいよロードショーとなる。ディズニーアニメーションなどで知られるキャラクター「くまのプーさん」を実写化した映画ということで、楽しみにしている人も多いだろう。ところで、プーさんは日本でも人気のキャラクターだが、他の登場キャラクターを知らない人は意外と多いのではないだろうか。そこで今回は、本作で宣伝広報を担当する株式会社フラッグの熊谷祥明さんに、映画のストーリーとあわせてキャラクターの紹介、そしてプーさんに関する小ネタも教えてもらった。


■ストーリー

早速、『プーと大人になった僕』のストーリーについて聞いてみた。

「少年クリストファー・ロビンが、“100エーカーの森”に住む親友のプーや仲間たちと別れてから長い年月が経ちました。大人になったクリストファー・ロビンは、妻のイヴリンと娘のマデリンと共に大都会ロンドンで暮らしており、仕事中心の忙しい毎日を送っています。ある日クリスファー・ロビンは、家族と過ごす予定にしていた週末に、仕事を任されそちらを優先してしまいます。会社から託された難題と、家族の問題に悩むクリストファー・ロビン。そんな折、かつての親友プーと奇跡の再会を果たすのです」(熊谷さん)


今回、クリストファー・ロビンを演じるのはユアン・マクレガーということで、期待が高まる。

「プーに『森の仲間たちが見つからない、一緒に探してほしいんだ』と頼まれたクリストファー・ロビンは、仕方なく子どもの頃プーたちと過ごした“100エーカーの森”へ行くことに。何一つ変わらないプーやピグレット、ティガー、イーヨー、カンガとルーの親子ら、仲間たちとの再会に喜びと懐かしい日々を感じながらも、仕事に戻らなければならないことを思い出します。『仕事って、ぼくの赤い風船より大事なの?』と、問いかけるプーたち。急いでロンドンに戻ったクリストファー・ロビンは、森に会議に必要な書類を忘れてしまいます。その忘れものに気づいたプーと仲間たちは、マデリンの助けを借り、親友のため、初めて“100エーカーの森”を飛び出しロンドンへと向かうのです。クリストファー・ロビンが忘れてしまった、本当に『大切なモノ』を届けるために」(熊谷さん)

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。