老後の海外移住計画、50代からはじめて間に合う?

老後の海外移住計画、50代からはじめて間に合う?
老後の海外移住計画、50代からはじめて間に合う?
近年人気があるといわれている老後の海外移住。高齢化社会にあって、今後も需要の拡大が予測される。「老後は物価の安い海外で悠々自適な生活……本当にできるのか調べてみた」という記事を「教えて!goo ウォッチ」で公開したが、物価の安い東南アジアへ移住するにしても、相応の資金がなければ難しいことが分かった。そこで、海外移住に関するポータルサイト「海外移住.com」編集部に、50代で海外移住を思い立った場合、資金をどう調達すればよいかなどについて聞いた。

■マレーシアとオーストラリアで老後を過ごすにはいくら必要?

はじめに、退職者向けのリタイアメントビザの取得条件について、日本人に人気のあるマレーシアとオーストラリアの状況を聞いた。

「マレーシアには、『MM2H(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)』と呼ばれる主にシニア世代向けのビザがあります。パスポートの有効期間内であれば、最長10年間(州によっては5年間)の滞在が認められ、出入国も自由で更新もできます。50歳以上は財産証明として35万リンギット(約965万円=2018年4月現在のレート、以下RM)以上が必要で、その他に月額1万RM(約28万円)以上の収入証明、または年金証明が求められます」(海外移住.com)

マレーシア移住には、少なくとも1000万円以上の資金が必要。50代で海外移住を考えた場合、退職金やそれまでの貯金を踏まえれば、そこまで非現実的な金額ではないのかもしれない。だが前回紹介したタイに比べると、はるかに高い資金が必要といえる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る 2018年5月24日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「年金」のニュース

次に読みたい関連記事「年金」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。