犯罪者に男性が多い理由を心理カウンセラーが分析

犯罪者に男性が多い理由を心理カウンセラーが分析
犯罪者に男性が多い理由を心理カウンセラーが分析
法務省「犯罪白書」では、一般刑法犯(窃盗、殺人、強盗、詐欺など)検挙人数の男女別推移を公表している。平成26年の結果を見てみると、男性の一般刑法犯検挙人数は女性のおよそ4倍。「教えて!goo」にも「男性に犯罪者が多い理由」という質問が投稿されている。

寄せられた回答は、「やはり女性の方が人間関係でみてもグループで行動しやすい。一方男性は、人間関係でつまずくと孤立することも。孤立してしまうと、自暴自棄になり犯罪に走ることも……な感じじゃないでしょうか?」(zoy255さん)、「一般的に男性は想像力が足りない人が多いです。(中略)…自分のとる行動によりどんな結果が待っているかストーリーを描けない人が多い」(higuchibaさん)といったものだった。

「犯罪者には男性が多い」――これは、何となくイメージとして持っている人が多いのではないだろうか。では、実際に男性が犯罪に走ってしまう傾向などあるのだろうか。心理カウンセラーに聞いてみた。

■「男らしさ」の強迫が犯罪へと駆り立てる?

お話を伺ったのは、犯罪加害者のカウンセリングの実績豊富な「カウンセリングルームWILL」の西橋康介さん。

「男性はストレスを抱え込みやすく、上手く発散できない人が多いことが原因として考えられます。男性は女性に比べて自分の気持ちを口に出して表現するのが下手で、喋っても解決しない、結局は自分で判断するから意味がないなどと論理的に考えて悩みを相談しない傾向があります。『男は弱音を吐かないものだ』という固定観念を持っている人も多く、どれだけ追い込まれても我慢します。ストレスを抱えると黙って一人になろうとすることで、発散できないまま余計に苦しみます」(西橋さん)

あわせて読みたい

教えて!gooウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月8日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。