「待って!」 人里離れた山道で走っている車を追いかけてきたのは…?

「待って!」 人里離れた山道で走っている車を追いかけてきたのは…?
拡大する(全1枚)
moxie_the_shorkie

マルティナ・ルッソさんが、スペインの田舎道を車で走っていた時のことです。

彼女はサイドミラーで、何かが車の後ろを付いて来ていることに気付きます。

それは…。小さな犬が彼女の車を必死に追いかけていたのです。

マルティナさんが車を止めると、犬はしっぽを振って近付いてきました。そこは住宅も商店もない場所で、もちろん人も歩いていません。

彼女は、とりあえず持っていた水を飲ませてあげました。それから犬を車に乗せて近くの村へ行き、飼い主を探すことにします。

しかし、その犬を知っている人は誰もいませんでした。

「もしかすると犬は自分の家まで歩いて帰るかもしれない」と思ったマルティナさんは、再び犬を見つけた場所へ戻り、そこで犬を放してみます。

すると犬はどこへも行こうとせず、彼女の後を付いてきたのです。

それは犬がマルティナさんの家族の一員になれた瞬間でした。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

マルティナさんは犬を『勇気や不屈の精神』を意味する『モキシー』と命名。

さっそく、飼っている3匹の猫たちにモキシーを紹介しました。

猫たちと友達になりたいフレンドリーなモキシー。ところが、猫たちは毛を逆立てて警戒心をむき出しにします!

翌日、マルティナさんはモキシーを動物病院へ連れて行きました。

診察の結果、モキシーは1歳くらいのメスで、マイクロチップは装着していませんでした。

マルティナさんはパートナーと一緒に、車で旅をしています。その自由な生活スタイルに、モキシーはすぐに馴染んだよう。

泥だらけになりながら野原を駆け回ったり、山の上からの景色を楽しんだりしています。

また、モキシーと猫たちの心の距離も少しずつ縮まってきているようです。

こんなにかわいらしい子犬が、なぜ誰も住んでいない田舎道にいたのかは分かりません。

もしあの日、マルティナさんたちが車で通りかからなかったら、水も食べ物もない場所でモキシーはどうなっていたことか…想像するとゾッとします。

マルティナさんの車を走って追いかけたモキシーは、彼女たちが気付いて止まるまで諦めませんでした。きっと「このチャンスを逃すわけにいかない」と思っていたのでしょう。

モキシーが自分で手に入れた優しい家族との幸せな生活が、このままずっと続いていくといいですね。

[文・構成/grape編集部]

編集部おすすめ

当時の記事を読む

grapeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク