【『最愛』感想 1話】 極限にそぎ落としたタイトルに込められた想い・ネタバレあり

【『最愛』感想 1話】 極限にそぎ落としたタイトルに込められた想い・ネタバレあり
拡大する(全4枚)

Twitterを中心に注目ドラマの感想を独自の視点でつづり人気を博している、かな(@kanadorama)さん。

2021年秋スタートのテレビドラマの見どころを連載していきます。

週末、金曜日の夜22時のドラマは重い。そして緻密である。

現在、この時間帯はTBSの金曜ドラマとNHKの同時間帯のドラマ枠『ドラマ10』がしのぎを削る。どちらの局でも、この枠の作品は良作が多く、ドラマ好きはどちらを見るべきか、毎期選択に悩むことになる。(おおむね片方をリアルタイムに見て、片方は録画になる)

とりわけTBSの金曜ドラマは、文芸ドラマ枠と表現したくなるような重めの傑作を生む枠である。

野島伸司が脚本を務めた『高校教師』『人間・失格』もこの時間帯だったし、この数年でも『Nのために』『コウノドリ』『アンナチュラル』と傑作の枚挙にいとまがない。

初回で描かれたのは『失われなかった頃の幸福』

今作『最愛』(主演 吉高由里子)もまた、TBS金曜22時の正統派ともいうべき重さと痛みと、物語として強烈な吸引力を持ちあわせた作品である。

まずは、物語全体の羅針盤ともいうべき冒頭の松下洸平のモノローグに引き込まれる。

抑えた声に滲む感情は時に優しく、深く悲しく、これは『すでに失われたなにか』の物語であることを最初に私たちに伝えてくる(松下洸平は、殺人事件の重要参考人となるヒロインの捜査にあたる刑事の宮崎大輝を演じる)。

それにしても、松下洸平の出世作となった朝ドラの『スカーレット』でも感じたが、松下の声は朴訥(ぼくとつ)とした方言と抜群に相性がいい。


この記事の画像

「【『最愛』感想 1話】 極限にそぎ落としたタイトルに込められた想い・ネタバレあり」の画像1 「【『最愛』感想 1話】 極限にそぎ落としたタイトルに込められた想い・ネタバレあり」の画像2 「【『最愛』感想 1話】 極限にそぎ落としたタイトルに込められた想い・ネタバレあり」の画像3 「【『最愛』感想 1話】 極限にそぎ落としたタイトルに込められた想い・ネタバレあり」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

grapeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク