凍死してしまったソロキャンパー その原因に「他人事じゃない」「気を付けよう」

凍死してしまったソロキャンパー その原因に「他人事じゃない」「気を付けよう」
拡大する(全1枚)
※写真はイメージ

自然に囲まれながら、1人の時間を自由に楽しめる『ソロキャンプ』。

2019年頃から、YouTubeなどをきっかけに人気が拡大し、コロナ禍においても、『安全な遊び』として注目を集めています。

たしかに、すべてを1人で行うソロキャンプは、コロナ対策の観点からみれば、安全といえるでしょう。

しかし、別の危険が潜んでいることを忘れてはなりません。

魅力が多い冬キャンプしかし…?

えま(@2020FK7)さんがTwitterに投稿した、冬のソロキャンプへの注意喚起が話題となりました。

年中よくソロキャンプをするという、えまさんの義弟。

数年前の大晦日に行ったソロキャンプで、朝に撤収作業していたところ、隣のテントのキャンパーが、いつまでも起きてこないことに気付きました。

なんと、その人は凍死してしまっていたそうです。

キャンパーが凍死してしまった原因は、泥酔してそのまま寝てしまったため

解放感からかお酒を飲みすぎてしまい、寒さ対策が不十分な状態で、眠ってしまったのでしょう。

1人であるため、飲みすぎを注意できる人も、異変に気付ける人もいませんでした。

えまさんの注意喚起には、数多くのコメントが寄せられています。

・お酒が好きなので、他人事ではない…。肝に銘じます。

・冬のキャンプを舐めちゃいかんね…。

・これからは、隣のテントも少し気にかけるようにします。

冬のソロキャンプでは、一歩間違えれば、このような取り返しのつかない事故が起こる可能性があります。

夏に比べて空気が澄んでいたり、虫がいなかったり、魅力もたっぷりの冬キャンプだからこそ、しっかりとした装備と正しい知識を身に着けた上で、満喫したいですね。

[文・構成/grape編集部]

編集部おすすめ

当時の記事を読む

grapeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク