深刻な社会問題となっているネット上の悪質な誹謗中傷。特に芸能人は、誹謗中傷の被害に遭いやすい立場にあります。

2023年7月14日、歌手のGACKTさんはTwitterで「目を背けたくなるようなDMがくる時もある」と明かしました。

芸能人だけでなく、一般人であっても、時に誹謗中傷の的になってしまうこともあるでしょう。

GACKTさんは、誹謗中傷の被害に遭ったことがあるからこそ「死にたい時があるのも分かる。追い詰められて苦しいのも分かる」とし、さらにこうも続けました。

だがこれだけは忘れるな。

自ら消そうとした今日は本当に生きたかった者の大切な未来だ。

みんな笑顔を忘れず、どんな些細なことでも、生きててよかったってそう思えることを探そうぜ。


GACKT ーより引用

その言葉に希望を感じた人は多くいました。GACKTさんの投稿に、「本当に、そうですよね」「おっしゃる通りです」と共感のコメントも。

理不尽な言葉の暴力を受けた時、行き場のない恐怖や悲しみにつつまれ、絶望を感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、誹謗中傷の言葉にとらわれ続けたら、前を向く気力すら沸きません。

GACKTさんの言葉が、今まさに誹謗中傷に悩む人に届けば、きっと変わるきっかけの1つになるのではないでしょうか。

[文・構成/grape編集部]