涼しい風を家中に届けてくれる扇風機。夏になると押入れから取り出す人も多いのではないでしょうか。

しかし、扇風機を使用前に点検している人はどれくらいいるでしょうか。夏に活躍する扇風機を安全に使うための注意事項を紹介します。

扇風機の老朽化に注意

古い扇風機は、内部部品が劣化しているケースがあります。特に製造から10年以上経った製品は、使用中に発熱や発火のリスクが高まるといわれています。使用している扇風機が製造日から10年以上経過していないか、一度確認することをおすすめします。

扇風機の異変に気を付けよう

扇風機の羽根の回転が遅くなっている、不規則な動きをする、異音があるといった場合は、経年劣化による火災の危険性があります。少しでも異常を感じた場合には、すぐに使用を停止して、速やかに販売店へ修理・点検を依頼しましょう。

定期的な点検と清掃

扇風機を安全に使用するためには、定期的な点検と清掃が必要です。ほこりや汚れが蓄積すると、発熱や不具合の原因になることがあります。定期的にプラグや電源コード、羽根部分を清掃し、安全性を確保しましょう。

また、消費者庁では、古い扇風機について下記のように注意喚起しています。

扇風機を使用していないときは、電源プラグをコンセントから抜いてください。古い扇風機では、電源が入っているにもかかわらず、ファンが回っていないことでスイッチが「切」の状態になっていると誤認することがあり、そのまま放置すると出火に至るおそれがありますので御注意ください。


消費者庁 ーより引用

新しい扇風機を検討しよう

10年以上使い続けた扇風機を点検して、特に異常が見つからなかった場合でも、火災のリスクは高まるため、新しい扇風機への買い替えを検討してみるのもいいでしょう。

事故を防ぐためにも、適切な使い方と注意事項に留意して扇風機を使用しましょう。

[文・構成/grape編集部]