人間だけでなく、動物たちにもそれぞれ個性があります。

性格や外見の違いから、種族が同じでも見分けることができるでしょう。

長崎県西海市にある、動植物園の『長崎バイオパーク』は、来場者から同園に寄せられた質問をX(Twitter)アカウント(@ngsbiopark)で公開中。

質問の中には、アライグマの名前を尋ねるものがあったそうです。

動植物園が『アライグマについての質問』を公開 飼育員の返答に「マジかよ!」

猫種のスコティッシュ・フォールドのように、耳が垂れたアライグマがいる同園。

外見から、ほかのアライグマと見分けやすいため、気になった来園者がいたようです。

一体、どんなかわいい名前が付けられているのでしょうか。飼育員が回答した、アライグマの名前がこちら。

動植物園が『アライグマについての質問』を公開 飼育員の返答に「マジかよ!」

絶対にスコティッシュ・フォールドから名付けたでしょ」とつっこみたくなる名前です…!

同園によると、スコティ―くんは飼育員による命名とのこと。命名した飼育員の頭にも、質問者と同じ単語が浮かんでいたに違いありません。

ネーミングセンスは反響を呼び、こんなコメントが相次ぎました。

・マジかよ!

・返事を見て吹き出した。そのまんまでかわいい。

・めっちゃ覚えやすくて好き。

・うちの猫ちゃんと同じ名前だ!

同園は、スコティ―くんの実際の姿も公開しています。

耳の垂れ具合から、確かにスコティ―という命名はピッタリ!

動植物園が『アライグマについての質問』を公開 飼育員の返答に「マジかよ!」

覚えやすい名前のおかげもあって、スコティ―くんのファンは増えたことでしょう。

同園を訪れた際には、スコティ―くんを探してみてくださいね!

[文・構成/grape編集部]