旅行や出張で、荷物のパッキングをしていると「これって、飛行機に持ち込めたっけ」なんて思うことがありませんか。

例えば、手指の消毒に便利なスプレーやジェルタイプのアルコール消毒剤を、外出時に持って行く人は多いでしょう。

しかし、機内に持ち込んでいいものか迷いがちです。

「飛行機に持ち込める?」JALが回答

日本航空株式会社(以下、JAL)は、ウェブサイトで「機内に消毒液(アルコール消毒液を含む液体、ジェル、スプレー)は持ち込めますか」という質問に、回答しています。

化粧品や医薬品類(医薬部外品)に分類される、日常の手指消毒・除菌を用途として一般販売されている消毒剤や除菌剤(アルコール消毒剤を含む液体・ジェル・スプレー)は、以下の条件を満たす場合に限り、お持ち込み、お預けが可能です。

<条件>
1容器あたりの容量または質量が0.5kgまたは0.5リットル以下であり、かつ1人当たり2kgまたは2リットル以下であること。
※非放射性の化粧品類・医薬品類とスポーツ用品・日用品のスプレーあわせて2リットルまたは2Kgまでです。

機内へお持ち込みの場合は、液体物制限対象となるため、航空機内への液体物持ち込み制限についてをあわせてご参照ください。

なお、一部の空間除菌製品は、使用時に腐食性物質(亜塩素酸ナトリウム水溶液)が生じるため、機内への持ち込みおよびお預けともにできません。
例)クレベリン置き型、スティックペンタイプ、フックタイプおよびその類似品


日本航空 ーより引用

アルコール消毒液を機内に持ち込んだり預けたりするには、1容器あたりの容量または質量が0.5kgまたは0.5ℓ以下であり、かつ1人当たり2kgまたは2ℓ以下と決められています。

また、カバンへ入れて携帯しやすいサイズのスティックペンタイプのほか、一部の商品は、使う時に腐食性物質が生じるため、機内への持ち込みやお預けはNGです。

手軽に持ち運びやすいスティックペンタイプなどは、持ち込めないことを知っておけば、手荷物検査にひっかからず、スムーズに搭乗できるでしょう。

JALによると、消毒剤や除菌剤の持ち込み制限については、国や地域、航空会社によってルールが異なるため、それぞれ確認する必要があるとのこと。

楽しい旅行や大事な出張で、幸先のいいスタートが切れるように、飛行機内への『持ち込みルール』は、事前に確認しておくことが大切ですね。

[文・構成/grape編集部]