ご飯との相性が抜群の一品で、日常的に食べる人も多いぬか漬け。

ぬか漬けは、ぬか類に砂糖や塩を加えたものを使って、野菜などを漬けて作ります。

しかし、実際にぬか漬けを作るのは手間がかかるため、市販のものを購入しているという家庭は多いでしょう。

「自分で手軽にぬか漬けが作れたらいいのに」と思っていた時、生活雑貨店『無印良品』で『発酵ぬかどこ』という商品を発見!

ぬかどこの量は1kgで、価格は税込み890円です。

これを使用すれば、自宅で簡単にぬか漬けに挑戦できるのだとか。早速購入して、試してみることにしました!

漬物が簡単にできる! 『発酵ぬかどこ』で作るきゅうりのぬか漬けが「おいしい」
MUJIの『発酵ぬかどこ』の写真

筆者は、『発酵ぬかどこ』を使って、キュウリのぬか漬けを作ります。材料は『発酵ぬかどこ』とキュウリ2本のみです。

まず、『発酵ぬかどこ』に洗ったキュウリを入れます。

漬物が簡単にできる! 『発酵ぬかどこ』で作るきゅうりのぬか漬けが「おいしい」
MUJIの『発酵ぬかどこ』で作る写真

キュウリがぬかに埋まるよう、上からもぬかを被せてください。

漬物が簡単にできる! 『発酵ぬかどこ』で作るきゅうりのぬか漬けが「おいしい」
MUJIの『発酵ぬかどこ』で作る写真

最後に、チャックをしっかりと締めて、冷蔵庫で12~18時間寝かせます。

漬物が簡単にできる! 『発酵ぬかどこ』で作るきゅうりのぬか漬けが「おいしい」
MUJIの『発酵ぬかどこ』で作る写真

実際に15時間漬けた様子です。食べる際は、ぬかをしっかりと洗い流してください。

漬物が簡単にできる! 『発酵ぬかどこ』で作るきゅうりのぬか漬けが「おいしい」
MUJIの『発酵ぬかどこ』で作った写真

食べてみると、ほどよい酸味と塩味でおいしかったです!とても簡単にキュウリのぬか漬けを作れて驚きました。

『発酵ぬかどこ』は毎日の手入れは不要で、1週間に一度かき混ぜる程度でよいそうです。

また、税込み290円の『発酵ぬかどこ 補充用』も売っており、ぬかが少なくなってきたら足して使うことも可能。

補充用は250gなので、少量から試したい人にもおすすめです。

今までぬか漬けを作ったことがないという人は、『発酵ぬかどこ』でチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]