クリーミーで濃厚な味わいが人気の、アイスクリーム。

暑い日には、コンビニエンスストアやスーパーマーケットで買いたくなりますよね。

しかし、アイスクリームのパッケージを見ると、賞味期限が記載されていないことがあり、疑問に思ったことはありませんか。

アイスクリームに賞味期限はあるの?

一般社団法人日本アイスクリーム協会(以下、日本アイスクリーム協会)のウェブサイトでは、「アイスクリームには、賞味期限が書いてないけど、どうして?」という質問に対して、こう回答しています。

アイスクリームは、温度管理がきちんとされていれば、細菌が増えることはなく、長期間保存しても品質変化は極めてわずかといえます。

消費者庁 食品表示基準の規定により、「アイスクリーム類にあっては、期限及びその保存方法を省略することができる」と定められています。

これらのことを受けて業界団体が定め、消費者庁及び公正取引委員会で認定された「アイスクリーム類及び氷菓の表示に関する公正競争規約」では、賞味期限を省略した場合には、一括表示の外側に「ご家庭では-18℃以下で保存してください」、または「要冷凍(-18℃以下保存)」などと記載して、アイスクリームを保存するときの注意をお願いしています。


日本アイスクリーム協会 ーより引用

日本アイスクリーム協会によると、アイスクリームには賞味期限がないそうです。

適切な温度でしっかりと管理されていることを条件に、賞味期限の表示義務がありません。

長期間保存していても、品質の変化はほとんどなく、温度管理がきちんとされていれば、細菌が増えることもないといいます。

しかし、冷凍庫の開け閉めによる温度変化により、劣化したり、味が変わったりすることがあるので、買ってきたアイスクリームはなるべく早めに食べたほうがいいとのこと。

また、アイスクリームを自宅で保存する際には、必ず-18℃以下で保存してください。

ただし、中には賞味期限が記載されている商品もあるので、念のため確認しておきましょう。

[文・構成/grape編集部]