子育て中の人は、家事に時間を取られがち。

自宅で使った家族全員分の食器だけでなく、子供が保育園や学校などに持って行った、水筒や弁当箱まで洗う必要があることも。

パーツが多く、洗うのが面倒なため、決められた時間に出してもらえないと困りますよね。

水筒を出し忘れた娘にイラッ!しかし経験者の言葉で?

3児の母親である、たかな(@takanachanchan)さん。

ある日、小学3年生の娘さんが、水筒を洗いに出し忘れていることに気付き、イライラしていたそうです。

すると、たかなさんの様子に気付いたある人物が、娘さんより先に、カバンから水筒を持って来てくれました。

娘さんから見て祖母に当たる『ばぁば』が、気を利かせてくれたのです。

たかなさんが「ばぁば優しいね」というと、「あんた、こんなことでイライラしていたら、娘の思春期にやってらんないわよ」と経験者として述べた後、彼女はこう続けました。

「あれはヤバいよ。更年期と一緒よ。こっちも更年期、あっちも更年期で、もう最悪なんだから」

孫の水筒を出す祖母に「優しいね」と言ったら…予想外の言葉に「震えた」
水筒写真

※写真はイメージ

閉経前後をあわせた10年は更年期と呼ばれ、ホルモンバランスが変化する時期。

この期間、さまざまな身体症状と精神症状が現れます。

個人差はあるものの、40~50代で更年期を迎える人が多く、子供の思春期と重なると、互いに感情の収集が付かなくなることもある様子。

そんな将来を考えたら、「まだ子育ての序の口だ」と『ばぁば』は伝えたかったのでしょう。

含蓄ある言葉に、たかなさんは震えたとのこと。

『ばぁば』の言葉は子育て中の親たちの心に刺さったようで、このような反応が相次いでいます。

・ヒ~ッ!経験からの説得力がすごい!

・マジでこれ!『ホルモン vs ホルモン』の戦いになるからね!

・覚えておきたい名言だ。我が子もそろそろ思春期になるから…。

・思春期は、荒れた獣になっていました。ごめんなさい。

・まさに本日、子供たちが弁当や水筒を出さなくてイライラしていました。大事な助言だわ…。

子育ての山場を越えた、経験豊富な『先輩』から見ると、大概はささいなこと。

引いた視点でのアドバイスは、まだ新米の親にとって、時に冷静さを取り戻す助けになりそうです!

[文・構成/grape編集部]