デジタル化が進んだ現代でも、日常生活のさまざまな場面で活躍する文房具。

子供の頃から身近な道具であるため、使用するにあたって「今更、使い方を確認するまでもない」と思っている人が大半でしょう。

しかし、使い方によっては、ケガにつながってしまうおそれがあることをご存じですか。

国民生活センターが『接着剤でのやけど』に注意喚起

2024年6月19日、消費者庁が管轄している独立行政法人国民生活センターは、ウェブサイトを更新。

瞬間接着剤が原因で、1か月以上の通院を要するやけどを負ったケースを紹介し、注意を呼びかけました。

のりや木工ボンド以上に接着力が強く、家具の修理などでも活躍する瞬間接着剤。しかし、効力の高さゆえ、時には人体に危険を及ぼす可能性もあるようです。

今回報告されたケースでは、つけ爪用の接着剤が手指に垂れ、ティッシュペーパーで拭き取ったところ、Ⅱ度のやけどを負ってしまったとのこと。

その原因について、国民生活センターはこのように説明しています。

つけ爪やモノを短時間で接着させるために用いられる瞬間接着剤の主成分には、一般的にシアノアクリレート系の物質が使用されています。

シアノアクリレート系の物質は、空気中や接着面の水分と反応して重合し硬化する際に反応熱が発生します。

特に、ティッシュペーパーや布などに染みこんで表面積が拡大すると、化学反応が急激に進み大きな反応熱が発生することがあり、その部分に触れるとやけどをするおそれがあります。


国民生活センター ーより引用

やけどはⅠ~Ⅲ度に分類されており、表皮だけでなく、真皮にまで熱傷が及んだものが、Ⅱ度のやけどと分類されています。

接着剤の使用でやけどに発展しやすいのは、ティッシュペーパーで拭き取ろうとした場合

空気中や接着面の水分と反応することで熱が発生し、触れることでやけどを負う危険があるのだそうです。

また、報告されたケースには、「履いていたズボンに接着剤をこぼし、発熱によって足にⅡ度のやけどを負った」というものもあるといいます。

国民生活センターは、接着剤を使用する上での注意点について、このように述べています。

・瞬間接着剤はティッシュペーパーや衣類などの染みこみやすい繊維質のものに染みこむと短時間で発熱し、やけどをする場合があるので注意しましょう。

・使用中に誤って付着させた場合の対処方法を覚えておきましょう。

・使用前には商品の表示や取扱説明書を読み、ポリエチレン手袋を装着して扱いましょう。


国民生活センター ーより引用

接着剤は指同士がくっつくほどの効力があるため、皮膚に付いてしまったら、あわてて拭き取ろうとする人は多いでしょう。

普段使いをする道具にも、こういった危険が潜んでいることは、できるだけ頭の隅に入れておきたいですね。

[文・構成/grape編集部]