アンジャッシュ児嶋、渡部の不祥事を涙ながらに謝罪 「相方から見ても気持ち悪い」

アンジャッシュ児嶋、渡部の不祥事を涙ながらに謝罪 「相方から見ても気持ち悪い」
       

お笑いコンビ『アンジャッシュ』の渡部建さんが不倫報道によって芸能活動を自粛を発表。

2020年6月12日に放送された、渡部さんがMCを務めるラジオ番組『GOLD RUSH』(J-WAVE)は、相方である児嶋一哉さんが代打で出演しました。

児嶋さんは、渡部さんの不祥事を涙ながらに謝罪。ネット上では、児嶋さんのコメントに反響が上がっていました。

アンジャッシュ児嶋「立場的に僕のほうが弱かった」 謝罪コメント全文

児嶋さんは、渡部さんの不祥事について説明。

「相方から見ても気持ち悪い」と、強い言葉で渡部さんの行動を非難しました。

うちの相方、渡部が不倫ですね、不倫をしましてそれがもうね、笑えない。

笑える不倫もないんですけど、笑えない、質が悪い、気分が悪い、相方から見ても気持ち悪い不倫をしまして、世間をものすごく騒がしてしまっています。

あいつは自粛という形で僕が代わりにやらせていただくことになりましたけど…。


GOLD RUSH ーより引用

大きく息を吸って、しばらく言葉を詰まらせた児嶋さん。

渡部さんは「天狗になっていた」と、振り返りこれまでの言動についても指摘しました。

本当に、バカです。大バカで、調子に乗ってたんでしょうね。仕事もうまくいくし、プライベートも順風満帆だし天狗だったんですよね。

自分が勘違いしてたんですよ。本当に人の痛みとか思いやりとか優しさとか愛とかそういうのがないんですよ。だからこういうことになるんですよ。

僕も浮気した方々だけではなくスタッフさんなどに対する態度、芸人仲間に対する態度、いわせてもらえば僕に対する態度、振り返ればダメですよ、あいつは。

お前なんでそんなひどい傷付くようなことを平気でいうんだ、思いやりが、愛が、優しさがないんですよ。だからそういうことになるんですよ。

僕ももうすごい昔ですけど、10年前以上にきれてケンカになったこともありますけど、あいつ、頭はいいですからね。

理論武装されて、あんまり響かなかったなって。

ぶっちゃけ、ずっとアンジャッシュは仲よしコンビではない。めちゃくちゃ仲悪い時もあれば、ちょっと話すこともあったんですけど。

振り返ればなんか、「なんでお前そんなこというんだ」「なんだその俺に対するいい方は」「どういうつもりなんだ」「愛、なんにも感じないぞ」ということがあった。

そういう時も僕が相方として「ダメだぞそういうの」とか、スタッフさんに対してもそうだし、いっとけばこういうことにならなかったのかなとは思いますけど…。

僕も情けないんですけど、渡部は渡部で仕事は頑張ってますよ。

あいつはその辺はめちゃくちゃ頑張ってる。現に仕事いっぱい増えて、僕なんかより売れて、アンジャッシュの関係性的にも、なかなか叱るということが立場的にもしづらくて。

あんまりあいつに何かいうということはもう10年ぐらいなかったのかもしれないですね。立場的に僕のほうが弱かったですよ。


当時の記事を読む

grapeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「アンジャッシュ児嶋、渡部の不祥事を涙ながらに謝罪 「相方から見ても気持ち悪い」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    まぁ、ぶっちゃけほとぼり冷めたら素知らぬ顔で反省しました的な態度で出てくるだろ。芸能界なんてそんな場所だし、ファンも減るとは言え信者は残るから大して影響ないしな

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。