「まさか紅茶にまでコロナが…」 今年の紅茶は味がおかしい理由に納得の声

「まさか紅茶にまでコロナが…」 今年の紅茶は味がおかしい理由に納得の声
拡大する(全1枚)
※写真はイメージ

東京都銀座などに店を構える銀座ウエストがTwitterを更新。

2020年に流行した新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の影響が、ある飲み物にも起きていることを明かしました。

「今年の紅茶は例年に比べて味がおかしい」という客の声を取り上げた銀座ウエスト。

その理由は、紅茶の茶葉の産地、インドが受けたコロナウイルスの蔓延でした。

インドは、2020年3月25日にロックダウン。6月から制限を段階的に解除しましたが、全面的に解除されたのは10月でした。

そのため、紅茶の収穫期の3~4月に間に合わず、茶葉が痛んでしまったとのこと。

紅茶の味にまで、コロナウイルスの影響が出てくるとは思いもしなかったでしょう。

投稿には、さまざまなコメントが寄せられていました。

・そうなると、今年の紅茶を味わってみたくなる。

・豊かな香りがないと思ったら、まさか紅茶にまで…。

・これは悲しい。でもまったく気が付かなかった。

時代が反映される紅茶の味。茶葉から入れる紅茶を味わう時は、そんな味の違いを意識してみるのも新しい楽しみ方かもしれません。

[文・構成/grape編集部]

当時の記事を読む

grapeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月13日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。