「助けて…」 放水路で動けなくなっていた子犬を保護した男性 その1年後?

「助けて…」 放水路で動けなくなっていた子犬を保護した男性 その1年後?
rosie.theposie
       

2019年4月、シンガポールに住む男性が放水路で倒れている子犬を発見しました。そのメスの子犬は自力で起き上がることができず、助けを求めるように男性のことをじっと見つめていたのです。

男性は子犬を抱き上げてすぐに動物病院に向かいます。子犬は全身がダニやノミにまみれていたため、体をきれいに洗われた後、与えられた食べ物をあっという間にたいらげました。よほどお腹が空いていたのでしょう。

診察の結果、子犬はひどく衰弱しているため、「明日の朝までもたないかもしれません」といわれてしまったそうです。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

男性はその夜、子犬を家に連れて帰ります。彼は子犬を『ロージー』と名付け、水と食べ物をたっぷりと与えました。

すると獣医師の予想を裏切り、ロージーは翌日もその次の日もしっかりと生きていました。

しかしあまりにも衰弱していたため、彼女はなかなか立ち上がることができなかったのです。

それでも男性と彼の恋人はロージーの生きる力を信じて世話をし続けます。

保護されてから4日目、ロージーは一瞬だけ立つことができましたが、すぐに座り込んでしまいました。

いつまでも立てないロージーを見て男性たちは心配したでしょう。しかし彼らは決してロージーに無理をさせないように慎重に見守ります。

そして喜びの瞬間は7日目に突然やってきました。ついにロージーが歩いたのです!

Watch this tiny puppy who couldn’t stand on her own learn how to run

Posted by The Dodo on Sunday, November 8, 2020

それからはロージーはどんどん元気になっていきました。初めて歩いた数日後にはおもちゃを追いかけて遊ぶほどになっていたそうです。

体もみるみるうちに大きく成長し、1歳になった現在も男性と幸せに暮らしています。

男性はInstagramにロージーとの出会いについてこう語っています。

昨年の4月にロージーを見つけたことはこの上ない幸運でした。あの日以来、ロージーは僕たちの生活に毎日彩りを与えてくれています。

今では彼女のいない生活は考えられません。


rosie.theposie ーより引用(和訳)

翌日まで生きられないかもしれないといわれながら、奇跡的な回復を遂げたロージー。きっと「助かってほしい」という男性の思いが伝わっていたのでしょう。

放水路から助け出された直後にロージーが男性を見つめていた時、すでに彼女は彼を信頼し、愛情を示していたように見えます。

ロージーと男性が出会ったのは偶然ではなく、運命だったのかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]

当時の記事を読む

grapeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月25日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。