2020年を『快適』と述べた古市憲寿 その理由に「共感した」「一理ある」

2020年を『快適』と述べた古市憲寿 その理由に「共感した」「一理ある」
拡大する(全1枚)

例年、その年の世相を漢字1文字で表す『今年の漢字』。

2020年は新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)のまん延を受けて、『三密』という言葉が生まれたことなどから、『密』の1文字が選ばれました。

古市憲寿は『快』、松本人志は『底』

同年12月20日に放送された情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、出演者たちが考えた『今年の漢字』を発表。

番組のコメンテーターを務める、社会学者の古市憲寿さんは、次のような持論を述べました。

僕はね、快適の『快』にしました。やっぱりちょっと嫌いな人とか、ちょっと距離のある人と会わなくていいっていうのって、意外と心地いいんだなって。

意外と今年は快適でした。


ワイドナショー ーより引用

古市さんは、コロナウイルスの流行にともない、他者と対面で会う機会が減ったことについてポジティブにとらえているようです。

その理由として「本当に仲のいい友達とだけ会って、そうでもない相手とは交流する必要がなくなったのがよかった」と語ります。

一方、同じく番組のコメンテーターを務める松本人志さんは、『底』という漢字を選択。一見ネガティブにとらえられそうな漢字を選んだ理由について、こう説明しました。

これ実はポジティブなんですよ。『底』ですね。

ここまで来たかという。もう後はええことしかなんじゃないかなって思いますよ。

世界中が、今、全財産を1回もう投げ出したくらいの気持ちですよね。


ワイドナショー ーより引用


当時の記事を読む

grapeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「今年の漢字」に関する記事

「今年の漢字」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「今年の漢字」の記事

次に読みたい「今年の漢字」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月21日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。