「卵は賞味期限内ならいつ食べても同じ」 実は、結構な違いがあって?

「卵は賞味期限内ならいつ食べても同じ」 実は、結構な違いがあって?
拡大する(全6枚)

さまざまな料理で活躍する卵。

身近な食材であるだけに、適当に使っている…なんてことはありませんか。

実は、それはとてももったないかもしれません!

今まで以上に卵をおいしく食べられる『新常識』を、キユーピータマゴ株式会社の卵のスペシャリストが教えてくれました。

卵の新常識に「そうだったのか…」

教えてくれたのは、卵の魅力を探求している『五ツ星タマリエ』の児玉大介さん。

タマリエとは、日本卵業協会が開催する『タマリエ検定』によって認定された人のことです。

一ツ星、三ツ星、五ツ星の3ランクあり、2021年3月時点で五ツ星タマリエは日本に2人だけしかいません!

そんな激レアなスペシャリストが教える卵知識は、参考になるものばかりです。

「卵は賞味期限内ならいつ食べても同じ」 実は、結構な違いがあって?

※写真はイメージ

産卵日から何日目かの卵によっておすすめの食べ方がある!

児玉さんによると、「卵は生き物なので、産卵日からの経過日数によって状態が変化する」とのこと。

一部の卵パックには産卵日が記載されているため、チェックするとおいしく食べられるそうです。

産卵日から経過日数ごとの、適した卵の食べ方が、こちら!

「卵は賞味期限内ならいつ食べても同じ」 実は、結構な違いがあって?

クリックすると画像を拡大します

卵の白身には黄味を支える濃い部分があります。そのため新鮮な卵を割ると、黄味の周りの白身が一部こんもりと盛り上がって見えるのです。

しかし、産卵後に日数が経過すると白身に変化が。粘性がなくなる『水様化』が起こり、均一に混ぜやすくなるそうです。

児玉さん:

茶碗蒸しは、卵白が水様化しているほうが、出汁などほかの液と合わせた時によく混ざります。


この記事の画像

「「卵は賞味期限内ならいつ食べても同じ」 実は、結構な違いがあって?」の画像1 「「卵は賞味期限内ならいつ食べても同じ」 実は、結構な違いがあって?」の画像2 「「卵は賞味期限内ならいつ食べても同じ」 実は、結構な違いがあって?」の画像3 「「卵は賞味期限内ならいつ食べても同じ」 実は、結構な違いがあって?」の画像4
「「卵は賞味期限内ならいつ食べても同じ」 実は、結構な違いがあって?」の画像5 「「卵は賞味期限内ならいつ食べても同じ」 実は、結構な違いがあって?」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

grapeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

グルメニュースランキング

グルメランキングをもっと見る
お買いものリンク