移住者とその募集地域をマッチング! 4自治体参加のソーシャルサービス「RegionWire」がオープン

移住者とその募集地域をマッチング! 4自治体参加のソーシャルサービス「RegionWire」がオープン
「RegionWire」サイト
 徳島県美波町の地域活性プロジェクトにも参加する、地域マーケティングに関するウェブサービスを開発運営する企業・リージョンワイヤーが、移住をサポートするソーシャルサービス「RegionWire」をオープンさせた。

 RegionWireは既存SNSを活用しながら、移住希望者と移住者を募集している市町村などを結びつけるサービス。単に移住情報を列挙するのではなく、登録ユーザーの希望に沿った移住エリアを探したり、レコメンドしてもらえるのが特徴だ。このほか登録地域の担当者に問い合わせフォームから相談できる機能を備え、移住関連の取材記事も展開していく。

 SNS連携では登録ユーザー自身が地域のサポーターになり、Facebookなどで移住者を募集する情報の拡散を行うことも。サポーターとなったユーザーには、その地域の特産品が抽選で当たるといった特典がある。今秋にはFacebook上の友人で、移住したい地域に縁のあるユーザーをチェックできる機能も実装予定だ。

 オープン時点で宮崎県小林市、沖縄県国頭村、徳島県海陽町、徳島県美波町の4自治体が参加。移住関連情報を掲載、発信していく。

あわせて読みたい

気になるキーワード

HANJO HANJOの記事をもっと見る 2015年8月7日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マーケティング」のニュース

次に読みたい関連記事「マーケティング」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。