越境ECフェス/世界市場の売れ筋は? 参入に必要なものは?

越境ECフェス/世界市場の売れ筋は? 参入に必要なものは?
「EC勉強会・基礎知識編」の講師を担当したジェイグラブ 山田彰彦氏
【記事のポイント】
▼20年に越境EC市場は今の倍の規模になる
▼好調なアパレル、カメラ、宝飾品だけでなく、地域による売れ筋も注目
▼言葉、通貨、運用という3つのハードルを、サービスの力で超える


■中国と米国で著しい伸長、このチャンスを逃すな!

 日本の製品を海外のマーケットに提供し、国境を越えてインターネットビジネスを行う「越境EC」が注目を集めている。米国のある市場調査会社によれば、ECのグローバル市場規模は15年の150兆円から20年には300兆円規模に拡大するとの予測もあり、とくに中国、米国での市場規模の拡大が見込まれている。

 そんな越境ECが関連事業者に注目を集めるなか、中小企業基盤整備機構は16年7月25日、東京・新宿で「越境EC“まるごと”フェスティバル2016」を開催した。大手事業者ばかりではなく、中小事業者でも十分に参入が可能な新分野だけに、全国から大勢の事業者が集まり、熱気あるイベントとなっている。

 今連載では同フェスティバルから、越境ECにおける中小企業のビジネス拡大の可能性を検討していく。まずは、その基礎知識としてeBay JAPAN、ヤフー株式会社を経て、ジェイグラブ株式会社を設立した山田彰彦氏の「EC勉強会・基礎知識編」に、越境ECに参入する際のヒントを探ってみた。

■販売、購入、物流、カスタマーサポートまでをワンストップで支援

 前述のとおり、ECにおけるグローバル市場の成長は著しいものがあり、とくに14年のデータによると中国では市場規模が4262億ドルで前年比35%増、米国では3056億ドルの同16%増となっており、世界の主要国で軒並み10%以上の成長が続いている(参考までに日本は708億ドルの同16%増。米調査会社調べ)。とくに中国は市場規模の成長が大きく、また同じアジアとして地理的にも近いため、この市場を狙った越境ECの重要さを山田氏は説く。...続きを読む

あわせて読みたい

HANJO HANJOの記事をもっと見る 2016年7月29日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。