~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!
一個流し生産の様子。効率的に配置されたミニ設備の内側を、人が動いていくことで工程を進めていく。このレイアウトも担当の職人に任されており、ここは職人にとっての「一国一城」となっている
【記事のポイント】
▼「人でなくてもいい部分は自動で」が、IoT化の大きな起点
▼ブレないコンセプト、目標を定めることで業務全体も安定


■テクノロジー導入は必要な投資

 前回の記事では武州工業株式会社がIoT、そしてその背景にある生産管理システム「BIMMS」の活用で、自動車業界の生産コストでLCC(Low Cost Country:ローコストカントリー)に対抗。“一個流し生産方式”の生産性を徹底的に高めようとする姿を追った。

 武州工業が導入した機械の動作をカウントするIoTシステムは、BIMMSへの入力を、手動から自動へ転換するための試みの一つとなっている。入力されたデータを活用するのは人間でなくてはできないが、データの集計や入力は人間がやらねばならないということはない。「ならば自動でやらせてしまえ」というのがIoT導入のきっかけになったと、武州工業代表取締役社長の林英夫氏は話す。

「やっていることは、棚卸しの発想です。一個流しは仕掛品が一本しかなく、あとは材料と完成品。棚卸しが簡単なんです。でも工場では、なにを売った買ったは分かるとしても、各ラインで品物がどうなっているのかは、年に一度の棚卸しでしか分からない。コンビニにはPOSがあって、売るたびに棚卸しをしているようなもの。BIMMSでは、それを毎日しているのです」

 BIMMSを介することで、日々の作業はそのまま、棚卸し、在庫管理に繋がる。そこから次の仕事へと日々フィードバックを重ね、効率化を深めていく。製造機械や職人の働きぶりを、リアルタイムで蓄積、統計管理することができるBIMMSがあって、ここまで徹底した労務とコストの管理が可能になるのだという。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

HANJO HANJOの記事をもっと見る 2017年1月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。