~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

Amazon Web Service)を使って完全クラウドへと移行しようとしている。武州工業自身もAWSへと移行したBIMMSを使うが、このシステムを他の企業にも外販していく考えだという。

「一個流しや、それを実現するミニ製造設備、BIMMSというのはうちだけのノウハウ。財産だから外には教えませんと言ってきたんですが、そういう鎖国をやめて、外に出していくことにしたんです。それがBIMMS on AWSという形に繋がっていきました」

 前回の記事で触れた動作回数カウントのIoTシステムが、一セット5万円程度で実現可能だったのは、BIMMSというバックボーンがすでにあったから。いち企業が単独でIoTシステムを開発することを思えば、BIMMSを利用する方が安上がりで済むのは間違いない。「BIMMSは毎日棚卸しをしているようなもの」という林氏の話からすれば、その部分だけでも使えるようになれば、様々なシーンで商品・在庫管理に役立てられるだろう。

 それにしても、どうして方針を転換して「開国」へ舵を切ったのか。

「ある時、若い職人が『自分が定年になる時に、武州工業は百周年ですね』と言ったことがありました。その先まで会社が続いていなければ困るとすれば、そのときうちは何を作っているんだろう、日本では何を作っているのだろうという疑問が生まれました。それで、日本はもっと直近に、危機が迫ってるんじゃないかと思えてきて、『自分たちさえ良ければいい』じゃいけないなと考えたわけです」...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

HANJO HANJOの記事をもっと見る 2017年1月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。