ジャスダック&マザーズの小型銘柄が躍進!――推奨銘柄8選

ジャスダック&マザーズの小型銘柄が躍進!――推奨銘柄8選
投資顧問「クマガイサポート」代表取締役・熊谷亮氏

 バブル崩壊後の最高値を26年ぶりに更新した日経平均株価。巷では3万円台も見えてきたという声もチラホラ聞こえる。そこでこのバブルに乗り遅れないための注目銘柄を事情通が大選出。ラストアベノミクス号に乗り遅れるな!

◆警戒すべき”落とし穴”も

 右肩上がりの日経平均株価。アナリストの熊谷亮氏はその流れを認めつつも、ここで警戒すべき“落とし穴”を指摘してくれた。

「日経平均は2017年9月から4000円・2割以上の伸びとなっています。これをテクニカル的な観点で見ると、株価が急激に伸びた後には調整の動きが入るもの。外資系の投資家は3か月スパンで売りに走るのも定石ですので、もみ合いや一時的に下げることが懸念されます」

 そこで目をつけるべきは東証2部やジャスダックなどの小型銘柄だ。

「ここ数か月は東証1部の大型株が買われており、株価は相当に高くなっています。こうなると割安感が失われ、資金の行き場は成長期待の高まるマイナー銘柄となるのが定番なのです。ですから、オススメの8銘柄はジャスダックやマザーズなどから、時価総額が小さめの企業を中心に選びました。これらは株価が上昇したとき、仮に東証1部の銘柄なら3%ほどの上げにとどまるところを、15%上がるような高騰が期待できます。それだけに仕込んでおくのが楽しみな銘柄でもありますね」

 相場の過熱感から資金は小型銘柄へ流れる可能性アリ! その代表例が東証2部のフジコピアン。時価総額は約33億円(11月23日現在)だ。

「分野が地味なだけに、派手な値動きはしていませんが、逆に言えば堅実ということ。相場が下落傾向のときにも影響を受けにくいというメリットもあるので初心者にもおすすめです」

 このほか、話題性と需要増は欠かせない要素。たとえばICカードのカーディナルや、ドライブレコーダーのカーメイト。

「前者は、小売業の旗手であるユニクロがICカードタグを全商品に付けると発表したことが大きい。この流れが、小売業全体へ波及するとなれば、需要は大幅に増えることになります。後者は悪質ドライバーによる幅寄せや煽り運転などが取り沙汰されているため、ドライブレコーダーは必需品になると予想できるためです。実際にカー用品店を回ったところ、品切れが多くなるなど、にわかに売れ行きが高まっているようです」

 やや中長期的な視点に立つと、世界的な好景気の波に後乗りしてくる企業が挙げられる。典型的なのが富裕層ビジネスだ。

「儲けを出した企業や個人が、富裕層をターゲットにしたサービスにお金を使うわけです。それは投資であったり、航空機リースなどの特別・高額なサービスを行うスパークス・グループが代表的です」

◆相場は下がる可能性も一時的な動きに慌てるな

 熊谷氏の見立てでは、今後も中長期的には上げの相場だが、暴落の可能性にも留意すべきだとか。

「日本の株式市場は、前述した調整の値動きなどで、4~5月はもみ合い・反発。そして6月あたりを踊り場として上昇に向かうのではないでしょうか。さらに、NYダウについては、リーマンショックから上昇し続けています。米国も好景気とはいえ、いつかはやってくる相場の崩れは心配ですね」

 実際に相場が下げに転じたとしても、ある意味、想定内ということ。慌てることなく相場の波を乗り切ろう。

【熊谷亮氏注目銘柄】
●カーディナル(JQ・7855)
売買単位 100株
現在株価 832円
目標株価 1200円
PER 38.7倍
PBR 0.75倍
配当利回り 1.68%
会員証などカードの専業メーカー。ICカードやRFIDタグの販路拡大を目指している。「11月7日には、ユニクロがICタグを全商品に取り付けると報じられました。この潮流が他の企業へ拡大すれば、期待できるICタグ関連銘柄です」(熊谷氏)

●アイエックス・ナレッジ(JQ・9753)
売買単位 1000株
現在株価 527円
目標株価 800円
PER 12.28倍
PBR 1.33倍
配当利回り 1.90%
独立系システム開発企業。特にメガバンクのシステム開発に強いため、仮想通貨の需要増とともに業績アップを期待できる。「車載関連も手がけており自動運転関連としての期待も。予想PER12倍と割安に放置されています」(熊谷氏)

●スパークス・グループ(JQ・8739)
売買単位 100株
現在株価 324円
目標株価 420円
PER 27.23倍
PBR 4.02倍
配当利回り 1.23%
日本株主軸の独立系投資ファンド。香港、韓国にも子会社を持つ。株式市場の復調が、業績を後押ししています。「ここへきて200円台から300円へと上がってきています。小型銘柄は価格が大きく動きやすいため、高騰の可能性もあります」(熊谷)

●三井物産(東1・8031)
売買単位 100株
現在株価 1643.5円
目標株価 1900円
PER 6.87倍
PBR 0.73倍
配当利回り 3.65%
ご存じ、総合商社の雄。鉄鉱石、原油の生産権益量は商社断トツで、インフラにも強みを持つ。2018年3月期の純利益は前年比30.7%増という予測もプラス要素だ。「高値になっている大型株の中では、なかなか割安な銘柄です」(熊谷氏)

●フジコピアン(東2・7957)
売買単位 100株
現在株価 1881円
目標株価 3000円
PER 16.82倍
PBR 0.29倍
配当利回り 2.13%
インクリボン、インクロールなど印字記録媒体トップ企業。国内、欧米向けの製品も伸びている。「業績は派手ではないものの、じっくり上げている様子。分野が地味なために、PBR0.28倍と非常に割安に放置されている銘柄です」(熊谷氏)

●カーメイト(JQ・7297)
売買単位 100株
現在株価 1340円
目標株価 2000円
PER 20.84倍
PBR 0.93倍
配当利回り 1.49%
自動車用品製造・卸売りの大手であり、ドライブレコーダー関連の代表銘柄。交通トラブルの報道が増加しているため、今後の需要拡大が予想される。ここ最近、高速道路の事故報道をきっかけに、株価は700円台から一時は2000円台まで上昇した

●ジャパンインベストメントアドバイザー(東マ・7172)
売買単位 100株
現在株価 2590円
目標株価 3300円
PER 31.24倍
PBR 8.4倍
配当利回り 0.31%
いわゆる富裕層ビジネスの企業。航空機のリースを柱に、M&Aアドバイザリーなども行う。航空機リースが好調で、新たに10機を米ボーイングから購入予定。「小型株でまだ知名度も高くなく、今のうちに仕込みたい株ですね」(熊谷氏)

●東京産業(東1・8070)
売買単位 100株
現在株価 526円
目標株価 600円
PER 10.78倍
PBR 0.63倍
配当利回り 3.42%
東日本の電力会社向けの機械商社。化学、工作機械なども拡大。業績は好調なうえ、多角的なビジネスでリスク分散の観点でも強みがある。「インフラ系の安定感で黒字は連続。予想PER10.78倍、PBR0.63倍、配当利回り3.42%と割安です」(熊谷氏)

※株価などのデータは’17年11月23日の終値

【熊谷亮氏】
投資顧問「クマガイサポート」代表取締役。“あせらない”“欲をかかない”“堅実に”を信条として、コツコツと利益を積み重ねる取引をすすめている

取材・文/エンスパ日本株取材班

― 日経平均3万円時代の勝ちきり方 ―

当時の記事を読む

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月11日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。