在日カタルーニャ人が語る、独立運動。「たとえ経済的不安があっても、独立に賛成する」

在日カタルーニャ人が語る、独立運動。「たとえ経済的不安があっても、独立に賛成する」
lecreusois/pixbay(CC0 Creative Commons)

 昨年末、在バルセロナ日本人の佐藤美佐江(仮名)の証言を紹介した(参照『バルセロナ在住日本人が見たカタルーニャ独立運動「半分以上は独立に対し冷ややか」』)

 さまざまな反響が寄せられたが、一つ確かなことは美佐江はカタルーニャ人の夫と結婚し、カタルーニャ人の子供を持ち、おそらくはカタルーニャで人生を終える、つまりインサイダーだという事実である。



 中には「意図的に独立反対に誘導しようとしている」というコメントがあったが、筆者は美佐江とは違いアウトサイダーである。カタルーニャが独立しようがしまいが、それは当事者が決めることだ。

 かつて、カタルーニャは独立国だった。カタルーニャ・アラゴン連合王国は地中海全体に版図を広げ、1282年にはシチリアを占領し、イタリア南部をも統治していた時期があった。

 言語的にいえば、カタルーニャ語はスペイン語よりもむしろフランス語に近い。もちろん、全く由来が不明でスペイン語とは縁もゆかりもないバスク語ほど違うものではないが、映画「MESSI―頂点への軌跡―」にも、スペイン語圏のアルゼンチンから(註:ちなみにアルゼンチンのスペイン語はかなり強い特徴があり、ほかと大きく異なるのだが本題とは外れるので割愛)メッシ一家がバルセロナへ移住するにあたり、家族が一からカタルーニャ語を習得するため悪戦苦闘する場面が描かれている。

 ここで一つ忘れてはならないことがある。

 中世の話は置いておいても、カタルーニャを含むスペインは第二次世界大戦には参戦しなかった。それは、1936年から39年まで内戦があり、この内戦でヒトラーの支援を受けながら勝ち抜いたフランシスコ・フランコなる独裁者が参戦を回避したからだ。

 この内戦の内容を詳しく描いたのがアーネスト・ヘミングウェイの「誰がために鐘がなる」であり、ジョージ・オーウェルの「カタロニア賛歌」である。

 どちらもバルセロナの人民政府側についてファシスト・フランコと戦ったわけだが、ヘミングウェイは反ファシストの義侠心に燃え、オーウェルは共産主義の正体をそこに見て幻滅した。それがのちの傑作「1984」につながる。フランコ独裁は1975年の本人の死まで続いた。

 それでは、日本に暮らすカタルーニャ人は現状をどう考えているのか。このたび、筆者はアンナ・コスタ(仮名)という女性と接触することができた。

◆家族は、名前をカスティーリャ風に改名させられた

 暮らしている場所を明かしてしまえば、絶対数が少ないのですぐ特定されてしまうため、関東平野より外のある地方都市とだけ言っておこう。

 アンナは二十代半ばのカタルーニャの小都市出身の女性である。バルセロナではない。父親は公務員で、母親は生花店勤務だという。

 大学で日本語を勉強し、そこで知り合った日本人男性と暮らす会社員である。日本暮らしは三年目となる。

 フランコの弾圧は熾烈を極めた。

 カタルーニャ語は禁止された。唯一カタルーニャ語を話してよかったのがFCバルセロナの本拠地カンプ・ノウだった。同クラブのスローガンで、スタジアムにも書かれている“Més que un club”とは「単なる一クラブ以上の存在」というカタルーニャ語だが、これはつまりFCバルセロナこそカタルーニャの独立や誇りの象徴であるというアピールである。

 スペイン語(カスティーリャ語)の“Más que un club”ではないことが重要だ。その意味でバルサの面々が独立支持を表明するのはある意味で当然である。だからこそ、故ヨハン・クライフのような本物のカリスマでさえカタルーニャの風土に配慮して監督時代は記者会見をカタルーニャ語で行い、息子には「ジョルディ」というカタルーニャの聖人の名前を命名した。

 そんなアンナが話してくれたのは実際に母親が直面したフランコの弾圧だった。

「私の母には元々カタルーニャの名前があったのですが、それをカスティーリャ風に改名させられました。結局フランコが死んで独裁が終わったときに元の名前に戻すことができたのですが、今思っても酷いと思います」

 たとえば、スペイン語の名前に「カルメン」というのがある。これはカタルーニャ語だと「カルマ」となる。同じ意味で、スペイン語の「ホセ」は「ジュゼップ」となり(例:ジョゼップ・グアルディオラ。ちなみにジョゼップの愛称形が「ベップ」)、「ヘラルド」は「ジェラール」(例:ジェラール・ピケ)となる。「アントニオ」は「アントニ」(例:アントニ・ガウディ)で、「パブロ」は「パウ」(例:パウ・ガソル)となる。

 彼女の母親の名前は“Roser”(ルセ)という。これがカスティーリャ風の“Rosario”(ロサリオ)に変えさせられたのだという。

「母の名前をカスティーリャ語で綴ると、おばあさんしかいない感じです。古臭く聞こえますね」ともいう。

 続いて筆者はアンナに祖父母のことを聞いた。どこから来たのかということもあるし、内戦に参戦していた可能性もあるからだ。

「祖母の一人は南のバレンシア出身でした。そこからカタルーニャに移り住んできたようですね。ですから私は一部スペイン人でもあるのです。祖父についてですが……そう言われてみると内戦について聞いたことはありませんね」

 今は、両親の仕事に独立運動がどのような影響を与えているのか。

「カタルーニャ全体として独立の機運が高まっているのは確かだと思いますし、その点においてはバルセロナのような大都市も私の故郷である小さな街でもそれほど変わらないと思います。ときどき家族とスカイプでも話しますが、大部分の人は通常通りの生活を送れているようです。ただ、母の生花店の売り上げは最近落ちているみたいですね。父の仕事に関しては……それほど影響は出ていないと思います」

 今回の独立運動を一貫して強く支持し、公式声明も出しているのが現マンチェスター・シティ監督のペップ・グアルディオラである。筆者は彼女にサッカー監督ではなく、独立活動家としてのペップのことをどう思うか聞いてみた。



「私たちにとって、ペップ以上に力があったのは、ほら、金髪の歌手、シャキーラと結婚したバルサの選手がいたじゃないですか…誰でしたっけ?」
「ジェラール・ピケのこと?」
「そうそう、ピケですよ。彼の独立支持声明によって、流れが大きく変わって独立支持の機運が高まったのは確かだと思います」

 このやり取りの前に「サッカーは好きか」(¿Te gusta el fútbol?)と筆者は聞いたのだが、「あまり」とわざわざそこだけ日本語で答えた。

 確かに、ピケの名前がすぐに出てこないということはサッカーにあまり興味がない何よりの証明である。

 サッカーが好きかどうかわざわざ触れたのは、カタルーニャにおいてはFCバルセロナが「政治的存在」そのものだからだ。

 この問題は、スポーツとは別の次元で選手のキャリアを左右してしまう恐れがあり、簡単に発言することができない。長年バルサの主力として活躍したシャビ・エルナンデス(註:カタルーニャ語では、本来“チャビ”と表記するのが正しい)は、ワールドカップで優勝した際にバルセロナへ凱旋したわけだが、勢いで“スペイン万歳”(¡Viva España!)と叫んだら大きな批判にさらされたと自伝に記している。

 実は全く別の国で全く別の職業にもかかわらず全く同じジレンマに直面した人物もいる。全世界の誰もが知る歌手、セリーヌ・ディオンである。

 彼女はカナダ・ケベック州の出身で本来母国語はフランス語である。ケベックにも長年独立の機運があり、かつてモントリオールを訪問したフランスのシャルル・ド・ゴール大統領が「自由ケベック万歳!」と叫び大問題となったこともあった。

 小学生時分からすでに歌手活動を開始し、ケベックで頭角を現していた彼女だが、これから世界へ打って出るなら歌も英語で歌うしかない。美空ひばりと同じく、学校に通う時間すらなかったセリーヌは、15歳のころベルリッツに通い、英語の特訓を受けることとなる。

 そしてあるとき、オンタリオ州(トロントやオタワがあり、つまり英語圏である)の某所でケベック人労働者の集まりで歌う機会があったのだが、これから英語で売り出していかなければならない時期であり、英語の歌を歌った。しかしケベック人労働者にとってはつかの間の休息でフランス語を思い切り堪能したかったのに、台無しにされたと怒りをぶつけられた、と自伝に記している。

 ほかにもアイスホッケーのモントリオール・カナディアンスの試合を観戦する際にも、独立派の癇にさわらないように、かつ独立反対派の総スカンを食わないように、服装やアクセサリーまで気を遣って会場に行ったという。人気商売の辛さである。

◆「スペインの政治システムを完全に変えなければ」

 アンナの話に戻る。アンナの母親の場合は、フランコ体制時代には名前を変えなければならなかった。そういう弾圧を直接受けた過去があるにせよ、今までは特に政治に対して関心を寄せることもなかったという。

「独立したとして、本当に経済的にやっていけるのでしょうか? EUに入れるかどうかもわかりませんし、現在のお金、つまりユーロが使えるのかどうかも不安ですしね」

 だが、スペインというかマドリード政府のやり口に対しても大きな不満があるという。

「私は今遠く日本の地から報道を見ているだけですが、独立投票の日に警察が道路を封鎖して弾圧しようとする姿には本当に心が痛みました。どんな結果が出るにせよ、投票は民主的な手段ですよね。警察・権力者側には民主主義を尊重してほしい、そしてスペイン人でもある私としては平和的かつ民主的に今回の結論が出ることを願っています」

 では、アンナが平和的かつ民主的に出ることを望む結論とはどのようなものか、後日あらためて長文で寄せてくれた。

「一番最初にあなたから独立派かどうか聞かれたとき、すぐに“スィ”(イエス)とは答えられませんでした。単語の意味が強すぎるように感じられたからです。

しかし、今は私の家族、そして私自身カタルーニャの独立に賛成です。カタルーニャの底流に独立を求める気風がずっと流れていたのは確かですが、私たち家族はそこには加わっていませんでした。

カタルーニャのルーツに誇りは持っていましたが、あくまでも平和的な共存共栄を求めていました。しかし、ここ数か月の国家警察による弾圧、そしてカタルーニャの自治権を停止する憲法155条の強制執行を見せられ、考えが変わりました。今こそスペインの政治システムを完全に変えなければなりません。

このままだと(現在ベルギー滞在中の)プチデモン・カタルーニャ首相も収監されてしまいます。そんなことになったら、カタルーニャに限らずスペイン全体で誰も自由に意見を表明できなくなってしまいます。ですから今回、今までずっと中道派に投票していた私の家族は明確な独立賛成派に投票しました。

もっとも、今回の選挙においては、理性よりも感情に基づいて一票を投じたという側面が強く、独立派の政党もまだ独立後の明確な設計図を示しているわけではありませんからその点が不安であり、悩みでもあります。しかし、スペイン政府の私たちカタルーニャ人に対する扱いを見たとき、もはや黙っていることはできません。

たとえ経済的不安が伴うとしても、私たちは独立に賛成します」

【タカ大丸】
 ジャーナリスト、TVリポーター、英語同時通訳・スペイン語通訳者。ニューヨーク州立大学ポツダム校とテル・アヴィヴ大学で政治学を専攻。’10年10月のチリ鉱山落盤事故作業員救出の際にはスペイン語通訳として民放各局から依頼が殺到。2015年3月発売の『ジョコビッチの生まれ変わる食事』(三五館)は12万部を突破。最新の訳書に「ナダル・ノート すべては訓練次第」(東邦出版)。
 雑誌「月刊VOICE」「プレジデント」などで執筆するほか、テレビ朝日「たけしのTVタックル」「たけしの超常現象Xファイル」TBS「水曜日のダウンタウン」などテレビ出演も多数。公式サイト

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2018年2月24日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら