SNSの浸透で「タイの飲食店」が変わっている! 悪評拡散を恐れる店員たち

SNSの浸透で「タイの飲食店」が変わっている! 悪評拡散を恐れる店員たち
怪しい街だったバンコクの中華街でさえも変わりつつある

 東南アジアはほとんどの国で物価が安く、飲食店も日本より気軽に入ることができる。ただ、安い分サービス精神は希薄で、ときに不快な思いをすることもある。しかし、最近は屋台でさえ徐々に変化が出てきている。

 例えばタイは東南アジアの中でも特に飲食店が多い。屋台、食堂に始まり、高級レストランや外国のチェーン店までさまざまある。そんな飲食店のタイ人経営者はいい意味でも悪い意味でも商売人だ。極端な例では料金表示を一切せず、客の身なりを見て料金をつける、いわゆるボッタクリも驚くべきことではないほどまかり通っていた時代もある。

 とはいえ、元々タイの商習慣はそんなもので、相場はあるものの値切り交渉で高くも安くもなった。タクシーも1990年代後半までメーターがなく交渉制だったし、三輪タクシーのトゥクトゥクはいまだに交渉制になっている。だから、相場を知らない相手、それが外国人だろうがタイ人であろうが、ふっかけることは当たり前で、かつてはそこにいいも悪いもなかった。

 もちろん、日本人にとっては物価が安く、ボッタクリ価格でも安いものだ。しかし、相場以上で掴まされたら誰だってあとで嫌な気分になる。これまではそんな気持ちは自分の中、あるいは自分と直接関わりのある人にしかぶちまけることができなかった。

 そうした状況が近年になり、明らかに変わってきた。理由は、SNSの浸透で声を出す機会が増えたからだ。

 タイはSNS、特に「Facebook」と「LINE」の利用率は日本以上だ。中国製の安い機器が手に入るので、誰でも手にする時代になった。それこそスラム街の住民でさえスマートフォンを片手に遊んでいる風景は当たり前になっている。また、無料Wi-Fi設置がかなり自由なので、サービスの一環で無料Wi-Fiを用意する飲食店が多くあり、顧客が快適に過ごせるようにしている。

 これにより、これまでは発言しても井戸端会議の戯れ言でしかなかったようなことが注目されるケースもあるし、誰もが不正を告発することができるようになった。かつてのタイは金とコネクションさえあれば人の命でさえどうにかできたが、今は警察署長レベルでももみ消せるのはせいぜい交通違反の罰金くらいとも言われるようになった。それほどSNSの目を気にする社会になった。

 すなわち、ボッタクリなどの些細なことでもその積み重ねが評価を落として自分の首を絞めることになるということを、どんなに小さな商いをしている人にも理解されるようになったのである。

 タイ国内ではこの5年くらいの間でこういった商売人のマインドが徐々にいい方向に変化してきている。しかし、そんなマインド変化は始まったばかり。ときに「そこは慎重になりすぎでは?」ということも見かけることがある。

◆タイで「撮影禁止」の店が激増

 例えば最近は店内や料理の撮影は禁止という店をたまに見かけるようになった。企業秘密が詰まっているならともかく、ごく普通の料理でさえも嫌がられることがある。これはSNSの悪評の方を気にしすぎてしまっている結果だと筆者は見ている。

 筆者の経験上では撮影拒否される場合、マネージャーや店員から言われることが多い。オーナーが拒否をすることは案外少ない。あるとすればなにかポリシーが元々あるからというくらいで、ほとんどのオーナーは「どうぞどうぞ」と喜んでくれる。

 そして、店員などが拒否するときに必ず言うのが「責任者に許可を取ってください」ということだ。昔ならカメラを店内に向けたら「私も撮って!」というかわいらしいことを言う店員が多かったが、今は時代が変わった。雇われる身であってもちゃんと責任感を持って仕事をしているとも取れる。これはSNSの発達のいい効果の方の現れで、根本的な考え方が本当に変わってきた証拠でもある。

 一方で、その責任感から料理の写真を撮らせないというスタンスになっていることがあるのだ。ある食堂で拒否をされた際にその店員に訊いてみた。最初は「悪いことを書かれたら困る」と言っていたが、最後に本音が漏れた。

「だって、もしオーナーに勝手に許可したと疑われたら解雇されますし」

 確かにタイのネットの拡散力は日本と同じかそれ以上だ。しかし、日本と違ってタイ人は匿名でも比較的悪いことはあまり書き込むことがない。タイ人の気質ということもあるし、いわゆる炎上騒ぎになるとマスコミや国民の目が一気に自分に向くので気をつけているということもある。タイでは警察署の端末でさえ、タイ国内で交わされているSNSのやり取りをすべて読み取ることができるそうだ。そのため、社会問題になると警察も動くという恐怖心もあると見られる。

 だから、よほど悪質なサービスをしない限り、タイでは飲食店が不評の書き込みを恐れる必要はないはずだ。それがなぜ撮影禁止などと言われることが増えたのか? どうやら、従業員サイドが「万が一炎上した場合巻き込まれたら困る」というように過剰に気にしていることが理由のようだ。

 いずれにしても、SNSのおかげでタイはかなり快適に暮らせる国になった。一方ではかつてのいい加減でむちゃくちゃだったタイも懐かしく、おおらかさが失われてしまったタイにがっかりするタイ・フリークな外国人も少なくない。それもまあ、よそ者の勝手なノスタルジーなのかもしれないが……。


<取材・文・撮影/高田胤臣(Twitter ID:@NatureNENEAM)>

当時の記事を読む

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月1日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。