日本のロケットベンチャー「インターステラテクノロジズ」のロケット、4月28日に打ち上げ再挑戦

日本のロケットベンチャー「インターステラテクノロジズ」のロケット、4月28日に打ち上げ再挑戦
ISTが開発したMOMOロケット2号機と、同社社長の稲川貴大さん、同社ファウンダー・取締役の堀江貴文さん Image Credit: インターステラテクノロジズ

 北海道に拠点を置く宇宙企業インターステラテクノロジズ(IST)は2018年3月28日、開発中の観測ロケット「MOMO」の2号機を、4月28日に打ち上げると発表した。

 MOMOの1号機は昨年7月に打ち上げられ、エンジン性能の実証を行うなど成果を残すも、最大の目的だった宇宙空間への到達は、トラブルにより果たせなかった。

 同社では9か月という短い期間で、1号機のトラブルを分析すると共に、機体を改良・強化した2号機を開発。関係者は「リベンジ戦だ」と成功に向けて意気込む。

◆高度100kmの宇宙を目指す「MOMO」

 MOMOは、ISTが高度100kmの宇宙空間を目指して開発している観測ロケットである。名前のMOMOも、百(もも)から来ている。

 ロケットには、「衛星打ち上げロケット」と、MOMOのような「観測ロケット」の大きく2種類がある。衛星打ち上げロケットは、文字どおり人工衛星を軌道に乗せることを目的にしたロケットのこと。衛星を軌道に乗せるには莫大なエネルギーが必要になるため、大きくて複雑な機体をしている。

 いっぽうの観測ロケットは、小規模な観測装置や実験装置を載せ、一般的に宇宙と呼ばれる高度100km以上に飛ぶことを目的としたロケットのこと。軌道には乗らず、最高高度に到達したあとはそのまま落下する(たとえるなら野球でとても高いフライを打ち上げたようなもの)。

 観測ロケットには、衛星では観測できないような高度の環境を調べることができるなど、衛星打ち上げロケットにはない、観測ロケットならではの特徴、使い道がある。ISTでは宇宙実験や、宇宙や高層大気の観測、新しい装置の試験をはじめ、ロケットの打ち上げそのものを利用した宣伝やエンターテインメントなど、幅広い用途での需要を見込んでいる。

 ちなみに衛星を打ち上げるのと比べ、高度100kmに達するだけなら必要なエネルギーは10分の1ほどですむので、ロケットは小型で、シンプルな機体をしている。そのため比較的開発もしやすい。しかし、立派な本物のロケットなので、決して簡単というわけではなく、また将来の衛星打ち上げロケットの開発に向けた練習にもなる。

◆1号機の打ち上げと、2号機でのリベンジ

 ISTでは2015年の夏からMOMOの開発に着手し、少ない資金と人員の中、開発を続けてきた。衛星打ち上げロケットよりシンプルとはいえ、エンジンをはじめとする技術の開発には困難が続出し、開発延期を余儀なくされたという。それでも2年で打ち上げまでこぎつけた。

 そして2017年7月30日、MOMO 1号機が打ち上げられた。しかし打ち上げから66秒後、ロケットから送られてくるデータが途絶えた。それを受け、同社は安全を確保するため、エンジンを停止させる指令を送った。エンジンが止まったロケットは、目標の高度100kmには到達できず、最終的に高度約20kmほどに到達した後、海上に落下したと考えられている。

 その後の分析で、機体に空気の力が最もかかる、「マックスQ」と呼ばれる領域で機体が破損し、電源が失われ、その結果データが途絶えたと考えられている。

 これを受けてISTは、再挑戦に向けて2号機を開発。マックスQに耐えられるよう、機体の構造が強化されたほか、1号機では機体が予想外の回転をしたため、より強い力で姿勢を制御できる、小さなロケット・エンジンのような装置も搭載されることになった。

 いっぽうでエンジンの性能など、一部の実験項目については1号機で実証できたとされ、そうした点については2号機でもそのまま踏襲されている。また新たに、同社と高知工科大学が共同開発した実験装置も搭載されることになっている。

 ISTはロケットの多くに民生品を活用したり、自社で内製したりしており、また宇宙事業に理解の深い北海道大樹町に拠点を置いていることもあって、1号機からわずか9か月という短期間で再挑戦までこぎつけた。同社の稲川貴大(いながわ・たかひろ)社長は「2号機は1号機のリベンジ戦。一つひとつの部品をきちんと丁寧に造って確認し、詳細を詰めていくことで全体を造っていくという気持ちで作業をしている」と意気込みを語る。

 また同社ファウンダーで取締役の堀江貴文(ほりえ・たかふみ)さんは「開発状況を見ている限り、前回失敗したところは適切にカバーできている。心配はしていない」と期待と開発スタッフへのねぎらいを述べた。

 MOMO 2号機の打ち上げは、2018年4月28日の11時00分~12時30分に予定されている。トラブルや天候不良などに備えて予備日が設けられている他、打ち上げ見学ツアーも用意されている。最新の情報なども含め、詳しくは同社のWebサイトを確認されたい。

◆MOMOからZEROへ

 MOMOのような観測ロケットは、もちろんISTにとって最終目標ではない。同社は次のステップとして、超小型衛星(1kg~数十kgほどの衛星)を打ち上げられるロケットの開発を目指している。このロケットは「ZERO」というコードネームで呼ばれており、2016年から基礎開発が始まっている。

 MOMOをはじめ、ISTのロケットはシンプルかつ枯れた技術を採用し、また民生品を多く活用するなどして、低コスト化を徹底している。ZEROでもその方針は踏襲され、超小型衛星を今よりも安く、手軽に、そして自由に打ち上げることを目指している。

 ただ、超小型衛星を打ち上げることに特化した”超小型ロケット”は、近年、世界中で活発に開発が進んでおり、競争が起こっている。今年1月には、米国企業のロケット・ラボ(Rocket Lab)が開発したロケットが打ち上げに成功し、この開発競争の中で先手を打った。この他にも、今年中に初打ち上げを計画している企業がいくつもあり、その中でISTはやや遅れを取っている。

 とはいえ、超小型衛星の需要はこれから大きく伸びると期待されており、それにともなって打ち上げ手段であるロケットの需要も大きく伸びるだろう。そうなればとても数社ではさばききれず、また競争を発生させる意味でも、多くの企業が入り乱れることが予想される。つまりISTに勝機はまだある。

 もちろん、そこにたどり着くまでには多くの関門がある。技術面はもとより、資金調達や人材面が課題だということは、同社も認めている。それでも歩みを止めないのは、宇宙には夢があるから――ではなく、ビジネスとして可能性があるから、そしてZEROのようなロケットによって超小型衛星が手軽に打ち上げられるようになれば、その可能性はさらに広がるからだろう。

 同社が衛星打ち上げに向けて駒を進めるためにも、そして宇宙開発と宇宙ビジネスの未来を拓く一社になるためにも、4月28日のMOMO 2号機の打ち上げ実験はとても重要なものになる。


<文/鳥嶋真也>
宇宙開発評論家。宇宙作家クラブ会員。国内外の宇宙開発に関する取材、ニュースや論考の執筆、新聞やテレビ、ラジオでの解説などを行っている。著書に『イーロン・マスク』(共著、洋泉社)など。
Webサイト: http://kosmograd.info/
Twitter: @Kosmograd_Info(https://twitter.com/Kosmograd_Info

【参考】
・観測ロケット「MOMO」2号機の打上げ実験実施について | インターステラテクノロジズ株式会社 – Interstellar Technologies Inc.(http://www.istellartech.com/archives/1372
・観測ロケット「MOMO」2号機機体公開及び打上日に関する記者会見 – YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=P_2VvpGrGVo
・2017年MOMO初号機打上げ報告書(http://www.istellartech.com/7hbym/wp-content/uploads/2017/08/730c920aa896dec195566c51ed62145b-1.pdf
・IST サウンディングロケット「モモ」ユーザーズガイド(http://www.istellartech.com/7hbym/wp-content/themes/ist/img/technology/MOMOUsersguidever.0.2.pdf
・「今度こそ宇宙へ!」MOMO2打ち上げ応援 | 日本旅行sola旅クラブ| 国内旅行・国内ツアーは日本旅行(http://www.nta.co.jp/theme/space/momo2/

当時の記事を読む

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月10日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。