日本のロケットベンチャー・インターステラテクノロジズ、ロケット打ち上げを延期。今夏以降に再挑戦へ

日本のロケットベンチャー・インターステラテクノロジズ、ロケット打ち上げを延期。今夏以降に再挑戦へ
ISTが開発した観測ロケット「MOMO」2号機 Image Credit: インターステラテクノロジズ

 北海道のロケット企業インターステラテクノロジズ(IST)は2018年4月30日、観測ロケット「MOMO」2号機の打ち上げ実験の実施を、今年の夏以降に延期すると発表した。

 当初はゴールデンウィーク中の打ち上げを予定していたが、打ち上げ準備中にトラブルが発生。同社は今後、改良や再試験などを入念に行い、万全の状態で再挑戦したいと語る。

◆窒素ガス漏れが判明して打ち上げ延期

 MOMO 2号機はインターステラテクノロジズ(IST)が開発した観測ロケットで、高度100kmの宇宙空間に、観測装置や実験装置などを打ち上げることを目的としている。1号機は昨年7月に打ち上げられ、エンジンの性能などの実証は果たしたものの、トラブルにより宇宙空間には到達できなかった。

 同社ではトラブルが起きた箇所を改良した2号機を開発。4月28日にも打ち上げ実験に挑む予定だった。しかし、28日は機体の確認に時間がかかったため延期。翌29日に再設定された。

 しかし29日には、打ち上げ準備中に、機体の各所にあるバルブを動かすための窒素ガスが漏れていることが判明した。

 その原因と考えられた部分は、1号機から設計変更をしたところで、改修はすぐに完了。しかし、根本的な原因が他にある可能性が否定できず、またロケットというシステム全体での試験が必要でもあることから、さらに打ち上げが延期されることになった。

 当初、打ち上げ予備期間として5月5日まで日程が確保されており、ゴールデンウィーク中に再挑戦の可能性もあったが、3日以降は天候の悪化が予想されたことや、「ロケットを万全な態勢で打ち上げたい」という考えなどから、今夏以降への延期が決定された。

◆「深刻なトラブルではない。安全側に寄った判断」

 今回の延期について、IST社長の稲川貴大(いながわ・たかひろ)氏は会見で、「ロケット開発は難しい」と振り返るも、「これまでも、試験の中でさまざまな不具合が出てきた。しかし、早いスピードで解決し続けてきており、それが可能なチームの体制もできている。今回の問題も、そうした開発の流れの中で解決できると思う」と語る。

 同社創設者の堀江貴文(ほりえ・たかふみ)氏は「深刻なトラブルではない。安全側に寄った判断」と語り、「原因はほぼわかっている。時間をかければ解決できるトラブルだと思う」と、今後に期待を見せる。

 また、「これまでのロケット開発の中で、“出口の見えないトラブル”もあった。それに比べれば今回のトラブルは平気」と、過去を振り返っての想いも吐露。「たとえばエンジンのインジェクター(ロケットエンジンの重要な部品のひとつ)の開発は難航し、何十回も失敗を繰り返した。飛んでいった部品を拾うため畑の中を探し回ったこともある。そのときの焦燥感に比べれば、(今回のトラブルは)楽観視できる」と語った。

 堀江氏はまた、同社のロケットならではの難しさもあったと語る。

「我々のロケットは、コストを大幅に下げるために汎用品を使っている。今回のトラブルも、たまたま今回ロケットに使っていた個体に問題があったのかもしれないが、もしかしたらバルブに汎用品を使ったことが原因かもしれないし、汎用品でも別の型番なら大丈夫かもしれない。それを特定するには難しく、時間が必要だ」。

 そして「もし、汎用品ではなく、部品ひとつから自分たちで作っていたらすぐに原因がわかったかもしれない。だが、我々はコストダウンを狙うため汎用品を活用している。そして、こうした問題を乗り越えていくのが我々のミッションだ」と続け、汎用品を使ってコストダウンを図るというというコンセプトを、さらに突き詰めていく考えを示した。

◆「産みの苦しみ」を乗り越えて

 また、ロケット開発のような宇宙ベンチャーは、他と比べて多額の資金が必要で、開発過程では失敗もつきもの、さらにその失敗でお金を失うリスクも非常に高い。また、成果が出るまでに時間もかかる。

 イーロン・マスク氏が立ち上げた宇宙企業であるスペースXも、2002年に設立されてから、初めて開発したロケットが打ち上げに成功するまで6年もかかった。それも、成功までには3回連続で打ち上げに失敗し、会社の資金的にもう後がないという状況に陥るも、4号機にしてようやく成功し、首の皮一枚つながったというエピソードもある。そのことから、民間ロケットの世界では、「3」というマジックナンバーがある。つまり「3回までは失敗しても大丈夫」、あるいは「それだけロケット開発は難しく、失敗を繰り返すもの」という意味である。

 それから考えれば、MOMOの開発はまだまだ道半ばであり、今回のつまずきは大きな問題ではなく、むしろ「産みの苦しみ」として、どこかのタイミングで経験すべきものとも言えよう。

 一般論として、今回のようなトラブルは研究・開発においては当たり前のことである。むしろ、トラブルを見抜けなかったり打ち上げを強行したりして、ロケットも信頼も失うような事故にならなかったことは、それだけ事前の検査や判断基準がしっかりしていたということであり、評価されるべきでもあろう。

 もっとも、MOMOや、並行して開発されている小型衛星打ち上げ用の「ZERO」のようなロケットは、世界中で開発が進んでおり、その競争は激化している。すでに打ち上げに成功した企業もある。今回の延期やその影響で、ライバルである他社との競争が不利になる可能性はある。

 しかし、急がば回れ、あるいは「うさぎと亀」の童話のように、決して望みがなくなったわけではない。MOMOを宇宙へ打ち上げること、他社との開発競争に勝つこと、そして同社の目標である「誰もが宇宙を目指せる、宇宙に手が届く未来」を実現するためには、とにかく前に向けて走り続けるしかない。

 稲川氏は会見の中で「技術者として『(今回のトラブルを受けて)より良いものを造ろう』という楽しさ、やりがいも感じている。チームのモチベーションも高い」と語り、悔しさをバネにさらに大きく飛躍する意気込みを見せた。


<文/鳥嶋真也>
宇宙開発評論家。宇宙作家クラブ会員。国内外の宇宙開発に関する取材、ニュースや論考の執筆、新聞やテレビ、ラジオでの解説などを行っている。著書に『イーロン・マスク』(共著、洋泉社)など。
Webサイト: http://kosmograd.info/
Twitter: @Kosmograd_Info(https://twitter.com/Kosmograd_Info

【参考】
・【IST】観測ロケット「MOMO」2号機_30日の延期に関する会見 – 2018/04/30 06:00開始 – ニコニコ生放送(http://live.nicovideo.jp/watch/lv312809706
・観測ロケット「MOMO」2号機の打上げ実験実施について | インターステラテクノロジズ株式会社 – Interstellar Technologies Inc.(http://www.istellartech.com/archives/1372
・なつのロケット団公式さんのツイート: “5月3日~5月5日での実施を目指していた観測ロケット「MOMO」2号機の打上げ実験は、打上げ準備状況から、本ウィンドウでの実施を見送ることといたしました。 次のウィンドウは夏以降を目指しておりますが、詳細が決まり次第改めて発表いたします。”(https://twitter.com/natsuroke/status/990887119185887233
・観測ロケット「MOMO」2号機機体公開及び打上日に関する記者会見 – YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=P_2VvpGrGVo
・IST サウンディングロケット「モモ」ユーザーズガイド(http://www.istellartech.com/7hbym/wp-content/themes/ist/img/technology/MOMOUsersguidever.0.2.pdf

当時の記事を読む

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月5日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。