中国版「スペースX」誕生!? 中国の宇宙ベンチャーがロケットの打ち上げに成功

 中国の民間宇宙企業「ワンスペース(零壹空间)」(OneSpace)は2018年5月17日、同社が初めて開発したロケット「OS-X」の1号機「重慶両江之星」の打ち上げに成功した。

 中国では昨今、ワンスペースのような民間の宇宙企業がいくつも誕生しつつある。その中から米国のスペースXのように、大きく成長を果たす企業が現れるかもしれない。

◆中国のロケットベンチャー、「ワンスペース」

 ワンスペースは北京に本拠地を置く企業で、2015年に設立された。

 これまで中国のロケット開発、製造は、国営企業が一挙に担ってきており、民間企業がロケットを開発するのは、中国ではほぼ初めての事例となる。

 もっとも、ワンスペースは民間企業とはいえ、中国陸軍との結びつきは強い。ワンスペースも自ら明かしているとおり、同社は陸軍と民間のそれぞれの強みを活かして、宇宙の商業利用を加速させるという目的で設立されている。同社が今回打ち上げたOS-Xも、陸軍の短距離弾道ミサイルを転用したものと考えられる。

 OS-Xは、全長約9mのロケットで、観測装置や実験装置を載せ、高度100km以上の宇宙空間に運ぶことを目的とした「観測ロケット」で、人工衛星を打ち上げる能力はない。詳しいスペックは明らかになっていないが、以前同社のWebサイトでは、100kgの機器を搭載し、高度800kmまで飛ばせる能力があると記載されていた。

 今回の初打ち上げでは、高度40km、水平距離273kmの飛行に成功したという。高度100kmの宇宙空間には達していないが、これは今回が初飛行だったこと、また同国の航空機研究所の機器を搭載していたため、高い高度へ飛ぶよりも、水平方向の飛距離や速度を出せるように飛行したといった理由が考えられる。

 ワンスペースはさらに、OS-Xを発展させた、人工衛星を打ち上げられるロケット「OS-M」の開発も行っている。

◆中国版スペースXが続々誕生

 中国ではワンスペースに限らず、民間の宇宙企業がいくつも出てきている。こうした動きをもって「中国版スペースX」が誕生しつつある、と見る向きもある。いうまでもなくスペースXとは、実業家のイーロン・マスク氏が立ち上げ、いまなお成長を続ける世界最大の宇宙企業である。

 米国では1990年代ごろから、いくつもの宇宙ベンチャーが立ち上がり、その多くは撤退したものの、スペースXなどの一部は生き残った。それと比べると、現在の中国の状況は、この米国の宇宙ベンチャーの黎明期と似ている。

 現在の中国は、ロケットも衛星も高い技術力をもち、それが民間に転用されれば、大きな武器となることは間違いない。また工作技術の進歩や3Dプリンターの登場などで、ロケットを開発するハードルも下がっている。むしろ90年代の米国よりも参入しやすい。

 とくに、こうした“中国版スペースX”は軒並み、小型衛星のマーケットに目をつけている。大型衛星の打ち上げ市場は、すでにスペースXのような米国や欧州の企業が鎮座しており、新興企業が参入できる余地は小さい。

 しかし、小型衛星を打ち上げるための「超小型ロケット」はまだ数が少なく、さらに小型衛星の市場はいまだ成長段階で、今後さらなる需要拡大が見込まれることから、新規参入できる余地がある。

 中国製品が安かろう悪かろうといわれた時代は終わり、いまや携帯電話やドローン、アクションカメラなど、さまざまな分野で中国製品に触れる機会が増えた。超小型ロケットもまた、同じく中国製が世界を席巻、少なくとも一定のシェアを握ることになるかもしれない。

◆日本のロケット・ベンチャーは巻き返しなるか

 こうした超小型ロケットの開発、事業化は、米国や日本をはじめ、世界中で数多くの企業が挑戦している。

 本サイトでも何度か取り上げているインターステラテクノロジズは、2020年ごろに「ZERO」というロケットを実用化し、小型衛星の打ち上げ市場への参入を目指している。

 またキヤノン電子は、昨年8月にIHIエアロスペースや清水建設、日本政策投資銀行と共に、超小型ロケットの開発、運用を行う「新世代小型ロケット開発企画」を立ち上げた。

 小型衛星を打ち上げるロケットがまだ少なく、そして小型衛星の市場が今後も伸びる可能性があるとはいえ、もちろん物事には限度がある。現在世界では数十社もの企業が超小型ロケットの開発を進めているが、競争の中で淘汰され、生き残れるのは数社に限られるだろう。

 その点、ワンスペースなどの中国企業はすでに打ち上げにこぎつけていることから、この競争の中で大きな優位性がある。

 インターステラテクノロジズなどの日本企業が、どこまで巻き返しを図れ、そして生き残れるかが注目される。

<文/鳥嶋真也>
宇宙開発評論家。宇宙作家クラブ会員。国内外の宇宙開発に関する取材、ニュースや論考の執筆、新聞やテレビ、ラジオでの解説などを行っている。著書に『イーロン・マスク』(共著、洋泉社)など。
Webサイト: http://kosmograd.info/
Twitter: @Kosmograd_Info(https://twitter.com/Kosmograd_Info

【参考】
・「我国首枚民营自研商用亚轨道火箭“重庆两江之星”成功发射」(one space)http://www.onespacechina.com/20171202-5-2-2/
・「OS-X」(one space)(http://www.onespacechina.com/os-x/
・「OS-M1」(one space)(http://www.onespacechina.com/os-m1/
・「关于我们」(http://www.onespacechina.com/about/
・Chinese commercial rocket company OneSpace set for debut launch in June(https://gbtimes.com/chinese-commercial-rocket-company-onespace-set-for-debut-launch-in-june

当時の記事を読む

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月27日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。