マイクロソフト共同創設者のポール・アレン氏が死去。深海から宇宙まで駆け抜けたその人生

マイクロソフト共同創設者のポール・アレン氏が死去。深海から宇宙まで駆け抜けたその人生
ポール・アレン氏 (C) Vulcan

 米マイクロソフトの共同創業者、ポール・アレン氏が2018年10月15日、65歳で亡くなった。同氏の親族や経営会社が明らかにした。

 アレン氏は1976年、ビル・ゲイツ氏と共にマイクロソフトを創業。その後も多数の会社を起業・経営するとともに、慈善活動にも尽力。また、第二次世界大戦で沈没した軍艦の探索や、さらには宇宙事業へも熱心な投資をするなど、過去と未来を見つめ、深海から宇宙まであらゆる分野を駆け抜けた人生だった。

◆マイクロソフトの共同創業者

 ポール・ガードナー・アレン(Paul Gardner Allen)氏は1953年、ワシントン州シアトルで生まれた。

 中高一貫校でビル・ゲイツ氏と出会い、1975年にマイクロソフトを共同で創設。当時アレン氏は22歳、ゲイツ氏は19歳という若さだった。その後、同社はOS「Windows」などを開発、販売し、世界的な企業へと成長した。

 アレン氏は1983年、病気のため退社するものの、別の企業を起業したり、映画製作に出資したりと多方面で活躍。さらに1990年には古巣マイクロソフトに復帰し、2000年まで取締役を務めた。

 最新の「フォーブス」による米国人の長者番付では、資産203億ドルで、21位にランクインしている。

 アレン氏はまた、動物保護や難病の研究、教育などに多額の出資をする慈善活動家としても知られ、これまでに数十億ドルを寄付したとされる。また芸術品やギター、航空機などの産業遺産の収集、展示などにも熱心だった。スポーツにも情熱を傾け、スポーツ・チームをいくつも運営した。

 とくに日本において知られた活動としては、第二次世界大戦で沈んだ軍艦の探索が挙げられる。2015年3月には、フィリピンのレイテ島沖のシブヤン海で、旧日本海軍の戦艦「武蔵」を発見したことが大きく取り上げられた。その他にも戦艦「山城」、「扶桑」、駆逐艦「島風」、重巡洋艦「インディアナポリス」といった艦船(と考えられる)の残骸も数多く発見している。

 一方、1983年にはがんの一種である悪性リンパ腫と診断され、それがマイクロソフトを退社するきっかけとなった。治療により克服するものの、2009年に別の種類のがんを発症。治療を行うも、今年10月上旬にはその合併症を患い、ふたたび治療を行うことを表明していた矢先だった。

 ゲイツ氏はブログの中で、「ポールは長年の友人であり、人生で最初のビジネス・パートナーでした。家族と友人を情熱的に愛し、そして偉大で優れた技術者であり慈善家でした。彼は高校生のころから、コンピューターが世界を変えると予見していました。彼なくして、マイクロソフトは誕生しなかったでしょう」と語っている。

◆宇宙事業への取り組み

 アレン氏の、パーソナル・コンピューティングや軍艦探索における功績については、他の専門の方に譲りたい。本稿ではアラン氏が同じく情熱を傾けた、宇宙事業について振り返りたい。

 アラン氏と宇宙との(表立った)かかわりは、2001年にまでさかのぼる。このころ、地球外生命の発見を目指す非営利団体「SETI協会」は、天体観測や地球外生命の探索に使うための、巨大な電波望遠鏡の建設を模索していた。そこへアレン氏は、自身の財団を通じ、3000万ドル以上を寄付。無事に建設が始まり、2007年にはその一部の運用が始まっている。この施設には、アレン氏の名を取って「アレン・テレスコープ・アレイ」と名づけられている。

 また2004年には、米国企業スケールド・コンポジッツに投資していることを公表。同社はこの資金をもとに、有人宇宙船「スペースシップワン」を開発し、同年6月と10月に、高度100kmの宇宙空間への到達に成功した。民間が開発した宇宙船が宇宙に到達したのは、これが史上初めてのことだった。

 同社はこれにより、当時開催されていた宇宙船開発のコンテスト「アンサリXプライズ」で優勝。現在は英ヴァージン・グループの出資を受け、本格的な宇宙旅行の実現を目指し、宇宙船「スペースシップツー」の開発を続けている。

 さらに2011年には、そのスペースシップワンの設計者とともに、「ストラトローンチ・システムズ」という宇宙企業を創設。世界最大の巨大な飛行機を開発し、ロケットを上空へ運び、そして空中発射するという壮大な構想をぶち上げた。

 ロケットの空中発射は、打ち上げる軌道やロケットの飛行経路を自由に設定できたり、打ち上げが天候に左右されなかったりといった利点がある。すでに小型ロケットの空中発射は、他の企業が実用化しているが、それを中型~大型ロケットでもやろうというのが同社の狙いである。

 現在、すでに巨大飛行機の開発が進んでおり、飛行に向けた地上試験が続いている。今後、2019年に初飛行、そして2020年の商業化を目指している。

 深海から宇宙まで、飽くなき挑戦を続けてきたアレン氏にとって、65歳での死はあまりに早すぎるといえよう。しかし、アレン氏の、過去を大切にし、同時に未来も切り開こうという意志は、志を同じくする人々によって受け継がれ、これからも絶えることなく進み続けることだろう。


<文/鳥嶋真也>
宇宙開発評論家。宇宙作家クラブ会員。国内外の宇宙開発に関する取材、ニュース記事や論考の執筆などを行っている。新聞やテレビ、ラジオでの解説も多数。著書に『イーロン・マスク』(共著、洋泉社)など。

Webサイト: http://kosmograd.info/
Twitter: @Kosmograd_Info(https://twitter.com/Kosmograd_Info

【参考】
・Statement on Paul G Allen – Vulcan(http://www.vulcan.com/News/Articles/2018/Statement-on-Paul-G-Allen
・What I loved about Paul Allen | Bill Gates(https://www.gatesnotes.com/About-Bill-Gates/Remembering-Paul-Allen
・Forbes 400 2018(https://www.forbes.com/forbes-400/
・Allen Telescope Array Overview | SETI Institute(https://www.seti.org/ata
・How We Launch – Stratolaunch Stratolaunch(https://www.stratolaunch.com/how-we-launch/

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2018年10月20日の経済記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。