大晦日RIZIN参戦発表のメイウェザーが衝撃的なインスタを投稿

大晦日RIZIN参戦発表のメイウェザーが衝撃的なインスタを投稿
衝撃的な内容が書かれたメイウェザーのインスタ(訳文は記事内)

 格闘家の二つ名といえば、「北の最終兵器」、「戦慄の膝小僧」といった“強さ”をイメージさせるものが主だろう。そんななか、“マネー”の名のとおり、ビッグファイトで多額のファイトマネー、そしてPPV(定額制視聴料)を稼いできたのが、史上初、無敗のままボクシングで5階級を制覇、さらにMMA(総合格闘技)の悪童を倒してきたボクサー、フロイド・メイウェザーだ。

◆那須川天心との対戦が一躍注目の的に

 そんな“マネー”メイウェザーは’15年5月の世紀の一戦でマニー・パッキャオに勝利。同年9月の試合を最後に、プロボクシングを離れると、’17年には世界最大の総合格闘技団体UFCで絶対的な人気を誇っていたチャンピオン、コナー・マクレガーと対戦。見事勝利をおさめ、ボクシングファンのみならず、格闘技界全体に名声を轟かせていた。

 そして、今年に入ってからは先述のUFCで絶対的なスターだったマクレガーを破ったロシアのカリスマレスラー、ハビブ・ヌルマゴメドフとSNS上で舌戦を展開。再び、総合格闘家との“世紀の異種格闘技戦”が期待されていた。

 ところが、11月6日、突如として発表された対戦カードは12月31日、さいたまスーパーアリーナにて行われるRIZINでの試合。相手は現在、日本の立ち技格闘技界において、向かうところ敵なしの那須川天心。プロボクシングは引退済み、なおかつ41歳のメイウェザーに対して、那須川は20歳。どういったルールで試合が行われるのかも含めて、格闘技ファンからの注目度は高かった。

「天心はカードが組まれた時点で世界的なプロモーションになってる。負けても損はない」

「メイ(ウェザー)は自分のブランドを世界に広めたいから、広告効果でまずは日本で試合をしたいんじゃ?」

 はたして蹴りはありなのか? 何ラウンドやるのか? そんな部分に格闘技ファンは大注目した。

 しかし、そもそも、P4P(パウンド・フォー・パウンド=最強)の誉れ高いメイウェザーが、まさか日本の格闘家と試合をするとは……。しかも、格闘技バブルの象徴とも言える、大晦日の試合に参戦するなんて!

 筆者の周りでも、「もう大晦日の予定は決まった。日本でメイ(ウェザー)が観れるなんてありえない」といった声が聞かれた。
 その一方で、「本当に試合をやるのか」と危ぶむ声が聞こえていたのも事実である。筆者が若かりし頃、スポーツ新聞では盛んにマイク・タイソンのK-1参戦が話題にされていた。結果はどうだろう? 結局、タイソンがK-1のリングに上がることはなかった。

 しかし、前代未聞の異種格闘技戦。しかもボクシング、いや格闘技史上に残る名ボクサーが日本人と戦う? どうしたって気にはならずにいられない。

◆メイウェザーInstagram投稿の衝撃

 ところが、メイウェザー本人のインスタグラム上で、突如として次のような投稿が発表されたのだ。以下、その全文を翻訳した。

「東京への長く失望的な旅を経て、アメリカに帰ってきた。ようやくファンとメディアに対して、最近告知された12月31日のイベントについて伝える時間ができた。まず最初にはっきりさせたいのは、私、フロイド・メイウェザーは一度も名須川天心との試合に合意していない。実際、このあいだ日本に旅するまで彼については聞いたこともなかった。結論から言うと、私は “ライジン・ファイティング・フェデレーション”が選んだ相手と3ラウンド9分のエキシビジョンを行うよう頼まれた。はじめ、私がONEフェデレーションのブレント・ジョンソンに知らされていたのは、この試合が高額の報酬を払う、限られた富裕層に向けて行うものだということだった。このエキシビジョンは“特別試合”として、純粋にエンターテイメントのために行われるもので、公式な試合や世界中継がされる意図はなかった。(RIZINの)会見に着くなり、私のチームと私自身はこのイベントの新たな方向に仕向けられ、すぐにそれを止めざるをえなかった。私のファンには記者会見で発表された、誤解を招くような情報について。真摯に謝罪したい。そして、こうした決定が私の許可なく行われ、私自身も不意打ちを食らったと伝えたい。わざわざこの会見のために世界中から集まってくれたファンや聴衆のためにも、(会見で)言われたようなことに対抗し、こうした混乱を引き起こすよう期待されていた。それに関しては本当に申し訳ない。私は、世界中で姿を現し、契約について話をしたり、たまに小さなエキシビジョンをするだけで、未曾有の金を生み出す、引退したボクサーなんだ」

 カネ持ち向けのエキシビジョンを行うはずが、会見に担ぎ出され、あれよあれよと言うまにおおごとになってしまった……。というのが、メイウェザーの主張だが、はたして真相はどうなのか?

 各格闘技が洗練・競技化され、高度になる一方で、格闘技バブルの時代にあったような“お祭り感”は希薄になっている。メイウェザー参戦は、“日出ずる国”で格闘技が再燃する起爆剤になるのか? それとも、悪しき“話題作り”に過ぎなかったのか? 格闘技ファンならずとも、その動向は一見の価値ありだ。

<取材・文・訳/林泰人>

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。