イスラエル・ネタニヤフ首相が進める「極右同盟」作り

イスラエル・ネタニヤフ首相が進める「極右同盟」作り
photo by Kremlin.ru(CC BY 4.0)
       

 イスラエルのネタニャフ首相の汚職疑惑に絡む証拠は十分に挙がっているとして警察は彼を起訴するように検察に勧告しているが、それに中々踏み出せないようだ。というのも、現在の非常に複雑で難しい中東でイスラエルを守るには彼に優る政治家はいないとして逮捕に踏み切れないでいるという噂もある。

◆ヴィシェグラード・グループとの「同盟」

 そのネタニャフ首相が現在築こうとしているのが、イスラエルに味方してくれる「同盟国」づくりである。意中の国となっているのは、欧州連合(EU)の中で右派の流れが強くEU委員会の政治方針に反対している東欧のEU加盟国である。具体的な国名を挙げれば、チェコ、ポーランド、ハンガリー、スロバキアで構成されるヴィシェグラード・グループとの関係強化に動いているという。

 狙いは、EU委員会がパレスチナそしてイランとの関係を保ち、イスラエルの入植などに反対することに対し、それに批判的な姿勢を表明している東欧のEU加盟国をイスラエルの味方につけようというのである。その対象が、まずヴィシェグラード・グループの4か国に向けられたのである。

 昨年、ネタニャフ首相がハンガリーの首都ブダペストを訪問した際に、ヴィシェグラード・グループの4か国首脳と会談したが、記者団との会見のマイクが切られていないことに気づかずにネタニャフ首相は以下のことを4か国の首脳を前にして語ったそうだ。

「イスラエルにテクノロジーを提供するのに政治的配慮を絡ませて来るのは世界の国際組織の中で唯一EUだけだ。中国とは政治的配慮を越えて特別な関係を維持している。インドの首相ナレンドラ(モディ)はインドの利益を最優先していると私に語った。同様に、ロシアとアフリカも政治的な条件はつけて来ない。唯一、それを条件にするのはEUだけだ。それは不合理だ。ヨーロッパ自体の利益を損ねることになる」


あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月19日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。