民営化は成功したか。水道民営化を機に振り返る過去の民営化<稲村公望氏>

民営化は成功したか。水道民営化を機に振り返る過去の民営化<稲村公望氏>
仏企業ヴァンシ・エアポート・ジャパンが運営する関西国際空港 photo by lasta29 via flickr(CC BY 2.0)

 90年代の終わりだった。フランスの水道民営化のカリスマ経営者、ジャンマリー・メシエもマドリッドでの国際会議に参加していて、メディア王に変身するために、電波のオークションを導入せよと蕩々とテレビカメラに向かって力説していた。

 メシエは、水道民営化の利益で世界第二位のメディア企業を創業したとして時代の寵児となったが、2002年株価低迷の責任をとり辞任、2011年には経済犯罪者として禁固3年の執行猶予判決を受けて失脚した。後に、フランス政府はパリの水道を再公営化したことはよく知られている。

 日産自動車のカリスマ経営者で、レバノン・ブラジル系フランス人のカルロス・ゴーンに対する司直の捜査が、現在、進展しているなかで、フランスでは失敗した水道民営化の担い手会社の係累が日本の政権中枢に食い込み、日本の水道民営化で暗躍しているように見えるのは興味深い。日本の地方自治体の水道の民営化を外資と政商が画策し、政権が迎合しているのではないか。

◆関空という「失敗事例」

 関西国際空港の運営会社に、4割もフランス資本が入っていることは、いみじくも今夏の台風21号による空港閉鎖の混乱があって周知の事実となった。関西空港は、大阪湾泉州沖にわざわざ海岸から5km離して騒音を避け、岩盤のないところに建設した。後に、燃料タンクが沈下するなどして、地盤対策に苦しむこととなる。例えば、郵政省が建設した空港内の国際郵便局は地盤沈下対策として、伸長する足桁をはく特殊工法で建設されている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2018年12月21日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。