激動のベネズエラ。斜陽国家の独裁者を支持すべく、暗躍するネット世論操作の実態

激動のベネズエラ。斜陽国家の独裁者を支持すべく、暗躍するネット世論操作の実態
拡大する(全1枚)
lightsource / PIXTA(ピクスタ)

◆絶頂期から転げ落ち、ネット世論操作大国となったベネズエラ

 1900年代後半、治安が良く政治的にも安定し高いGDPを誇っていた国が、2000年代に入り一転して経済的に衰退しGDPが下がり不正や汚職が蔓延するようになった。そして現政権では元首に取り入ることで利益を得、保身を図る者ばかりになってしまった。
 日本の話ではない。ベネズエラのことである。世界では似たようなことが起きている。
 今の日本でベネズエラと聞くと、「なんかヤバいことになっている国」というイメージを持つ人が多いと思うが、1900年代後半は黄金時代だった。ベネズエラの歴史を紐解くことは本稿の趣旨ではないので詳細は割愛するが、絶頂期から一気に転がり落ちたことと、その原因が社会主義を信奉する元首ウゴ・チャベス大統領の経済政策にあったことだけ覚えておいていただきたい。
 ベネズエラは元は親米路線だったが、チャベスが大統領になってから反米になり、社会主義路線となった。以後、ベネズエラはキューバとロシアに近い国となった。チャベス大統領の死後にマドゥロが大統領となったが、事態は変わらず悪化するばかりだった。
 ますます経済は悪化しハイパーインフレを引き起こした。治安も悪化の一途である。すでに国民の支持も失われており、国際社会からの批判も厳しくなる一方だ。数百万人の国民が国外へ脱出した。
 また、2018年2月にはペトロという、同国の石油(ロイターなどのレポートによると、石油が埋蔵されているとされている地域に石油がある様子はないらしいが)に裏打ちされた仮想通貨を立ち上げた(参照:HBOL)
 しかしアメリカで取引禁止にされ、ほとんどの取引所でも扱われていない状況だが、ベネズエラ政府は年金などを強制的にペトロに変えている。昔の第二次世界大戦時の日本の軍票を彷彿させる状況だ。
 2019年1月23日には、国会議長のグアイドーが暫定大統領を宣言し、すぐにアメリカ、カナダ、ブラジル、およびコロンビアなどのラテンアメリカの多くの国が承認した。
 国際社会のグアイドー暫定大統領への支持は広がっており、マドゥロ政権は危機的状況に陥り、激しい抵抗を試みているようだ。グアイドー暫定大統領はブラジルからの援助を取り付けたが、物資がベネズエラ国内に入るのを防ぐためにマドゥロ大統領はブラジルとの国境を閉鎖した。
 ちなみに、同国とキューバとの関係は深く、2013年10月16日のフォーブス誌(”U.S-Style Personal Data Gathering Is Spreading Worldwide”)ではベネズエラ国民の個人情報がキューバに送られ、解析されていることが暴露されている。
 興味ある方は調べて見るとこの国の変遷に驚くだろう。


当時の記事を読む

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月27日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。