パチンコの新台入替自粛が、業界に与える影響とは?

パチンコの新台入替自粛が、業界に与える影響とは?
拡大する(全1枚)
charly / PIXTA(ピクスタ)
◆G20サミットの大阪で新台入替自粛の動き

 パチンコ業界内において、大阪で6月に開催される「G20大阪サミット」(28日~29日)に関連して、新台入替を自粛しようという動きが出始めた。

 全国でも一番初めに「入替自粛」を決議したのは高知県。5月1日から6月30日までの2カ月間、一切の入替を行わない。それに続いたのが愛媛県。こちらは5月27日~6月29日の34日間の自粛。G20サミットの開催地である大阪でも入替自粛が決議され、5月下旬から7月中旬までの約50日間が自粛期間となる。

 ちなみに高知県に限っては、入替自粛の理由は「G20大阪サミット」ではなく、5月14日から20日までの「ギャンブル等依存症問題啓発週間」制定に沿ってのもの。

 この入替自粛については、各都道府県にある遊技業協同組合が、地元の警察署と相談をした上で決めるものである。昨年9月21日に開催された全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)では、G20大阪サミットについて「入替自粛は行わない」としたが、「(各都道府県警察より)要請があれば協力する」ともしていた。

 G20大阪サミットに関連する入替自粛が今後、他の都道府県に波及するのかその推移を見守る必要があるが、6月のG20大阪サミットだけではなく、秋にはラグビーW杯が開催され、来年には東京オリンピック・パラリンピックが開催され、パチンコ業界は今後、入替自粛の議論を度々繰り返す事になる。

当時の記事を読む

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。