最低賃金2000円以上が可能な経済学的な理由<ゼロから始める経済学・第4回>

最低賃金2000円以上が可能な経済学的な理由<ゼロから始める経済学・第4回>
◆遠回り過ぎる「アベノミクス」の理屈

 はじめに、結論を述べます。

 最低賃金1500円は十分可能である。そのうえで、筆者は2000円以上にすべきと考える。

 これまで3回の連載で述べてきたように、「デフレからの脱却」というアベノミクスのスローガンは、克服すべき対象を「デフレ」に見定めている点で誤っています。また、「大胆な金融政策」で「デフレからの脱却」ができるとの考え方も適切ではありません。さらに、「強い経済」を目指せば、財政再建から賃金までほとんどの経済問題が解決するかのように考えることも幻想です。

 にっちもさっちもいかないように思えます。が、そんなことはありません。

 多くの経済学者は「デフレ」こそ問題だとしています。そして「デフレ」の原因は、賃金の低下と消費の減少に現れる経済の停滞です。この停滞状況を改善すれば「デフレ」が直る可能性があります。つまり、賃金を上げればよいのです。

 筆者は、アベノミクスの方法は、目的達成の手段として遠回りすぎると感じています。

 アベノミクスは、(1)金融政策を通じて、マネタリーベースを増やす、(2)金利を下げる、(3)物価を上げる、(4)トリクルダウンを起こす、それらの結果として、(5)賃金と消費が増える、(6)投資が増える。こういった好循環を期待するものです。

 ストーリーとしてはよくできています。しかし、一つ一つのプロセスの間にある隙間が大きすぎます。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アベノミクス + 金融緩和」のおすすめ記事

「アベノミクス + 金融緩和」のおすすめ記事をもっと見る

「アベノミクス + GDP」のおすすめ記事

「アベノミクス + GDP」のおすすめ記事をもっと見る

「アベノミクス + 消費税」のおすすめ記事

「アベノミクス + 消費税」のおすすめ記事をもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月16日の経済記事

キーワード一覧

  1. アベノミクス GDP
  2. アベノミクス 消費税
  3. アベノミクス 賃金

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。