妻を抑圧するモラ夫を選んでしまう女性とは? 30年の離婚弁護事例から読み解く<モラ夫バスターな日々9>

妻を抑圧するモラ夫を選んでしまう女性とは? 30年の離婚弁護事例から読み解く<モラ夫バスターな日々9>
結婚前に相手のモラハラを見抜くのは非常に困難だという
◆弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々」<9>

 夫からのモラハラ被害を受ける女性たちに共通の特徴はあるだろうか。

 優しい、努力するタイプの方が多いようには思うが、日本女性は、概して、優しくて努力家なので、被害妻たちの共通の特徴とはいえない。気の強い女性、聡明な女性でも被害にあう。強いて言うと、奥床しい、自責的な傾向にある女性が被害にあい易いとはいえるだろう。ただし、どんな女性でも、モラ夫を選んでしまう可能性は常にあると言って差し支えないと思う。

 モラ夫は、妻の非(多くの場合、ささいなこと)を執拗に指摘し、妻の控え目な性格、自責的な思いを徹底的に利用する。それは、ハードモラもソフトモラも同じである。妻が何か失敗すると、モラ夫たちは、その失敗をネタに妻を責め続ける。それを繰り返し、妻自身をして、「気が利かない」「ドジ」「私はいつも夫を怒らせる」と思い込ませる。

◆結婚に関するいにしえの教えには、有害なものも多い

 ところで、結婚生活に関する年配者の教えには有害なものも多い。

 例えば、よく言われる「結婚前は両目を開いてよく見て、結婚後は片目をつぶれ」などは、その筆頭格であろう。まず、結婚前は、お互いに欠点を隠す。モラ体質の強い男性も、意識的/無意識的に、モラ夫であることを隠している。離婚事件を多数扱っている離婚弁護士ならモラ夫であることを見抜けるとしても、結婚前の若い女性が、いくら両目を開いていても、相手がモラ夫であることはわからない。

当時の記事を読む

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。