Twitter代替と言われたマストドンの今。多様性を保つ脱中央集権的SNSの魅力は今も

Twitter代替と言われたマストドンの今。多様性を保つ脱中央集権的SNSの魅力は今も
friends.nicoで表示される画面
ドワンゴのSNS「friends.nico」が4月28日に終了

 ドワンゴのSNS「friends.nico」が4月28日に終了した。トップページからは「卒業証書」というpdfへのリンクが張られた状態になっている。

「friends.nico」は、マストドン(Mastodon)と呼ばれる分散型SNSの1つである。TwitterやFacebookといったSNSは中央集権型だ。そうした中央集権型ではないマストドンは、2016年10月に誕生して2017年4月に日本でブームが起きた。

 分散型のマストドンでは、自由にサーバーを立てることができる。草の根のサーバーだけでなく、ドワンゴやピクシブといった著名なIT企業が参入してサーバーを作った。それから2年、多くのユーザーを抱えていた「friends.nico」が終了した。そこで、マストドンについて振り返りながら、現状を確認してみたいと思う。

◆マストドンとは?

 マストドンは、2016年にドイツのプログラマー オイゲン・ロホコが開発したフリーソフトウェアだ(フリーソフトウェアは、自由なソフトウェアという意味で、無償のソフトウェアという意味ではない)。

 マストドンを利用すれば、自身でサーバーを立ち上げて、Twitterのようなサービスを提供できる。また、各サーバーは、連合を作ることで発言を共有できる。運営者は、政治、趣味など自由な方針で運営をおこなえる。ユーザーはそうしたサーバーの中から、自分が参加したいものを選ぶ。複数のマストドンにアカウントを作ってもよい。

あわせて読みたい

気になるキーワード

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2019年5月3日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュース

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。